外壁塗装で塗料おすすめされた20年保証耐用年数30年のレガリアハイブリッドを使った結果

外壁塗装レガリアハイブリッドGTE

家を建ててから7年経ち、少し外壁が削れてしまっているところが見つかったり

場所によっては緑色に変色しているところも出てきました。

 

外壁塗装をする際、レガリアハイブリッドGT Eという塗料を使ったので、ビフォーアフターや塗装後の様子を時間の経過とともにどのように変化していくか残しておこうと思います。

外壁塗装に20年保証のレガリアを使ったビフォーアフター

ビフォー

まずはビフォーの写真から・・・

 

わが家は場所によって違う外壁を使っています

 

日陰で撮ったバージョン

 

 

日向で撮ったバージョン

 

 

 

 

これは、緑色が目立たず比較的きれいな場所の外壁

 

 

 

すでに、緑色が目立つ場所

主に北側の外壁が緑色に変色してしまっています

このように汚れが付いて取れないところは、外壁の表面の防水コーティングが剝がれてきているそうですよ。

 

緑が目立たない部分と比較すると随分違いがわかります。

 

塗装がはじまる前に、カラーの決定をしました。

外壁が違う種類のところでそれぞれ別の色を塗ってもらうことにしたのですが、ここにきてはじめてあることに気づきます!

 

よしぶー
クリアの塗装はレガリアの20年保証という塗料の中にない
わたしは気がつかなかったのですが夫が気がついたことです。
レガリアの中でも、色付きは多くの色から選べて、その近くににクリアもありました。
色付きは20年保証で約30年は劣化しないといった謳い文句なのですが、クリアの方は約10年ほどもつとのこと。
そりゃー長持ちしてくれる方がいいのですが、クリアの塗装をお願いしようと思っている外壁の部分は夫婦ともに気に入っている外壁の部分で元の色味を残したかったのです。
悩みましたが、夫婦で話し合った時と変わらず、その気にいっている外壁のところは「クリア」でお願いしました。
上の写真の大きなブロックの方の外壁は「クリア
その下の薄いオレンジ色のような部分の外壁の方はレガリアハイブリッドGTの「オイスターホワイト」(少しだけ緑のような水色のような色が入った白です。ほぼ白と言っていい)
写真は撮っていませんが、ワンポイントの部分があって、その部分はペンキで「茶色」
他の塗装できる細かいところも「茶色」で統一してもらうことにしました。
この茶色はこげ茶のような濃い茶色になるそうです。
実際の色は全体を塗ってもらってからでないとわかりませんよね~
今の外壁のカラーからは大きく変えないことにしました。
さてさてどうなるのか。
塗装がはじまってから10日~2週間は窓が開けられないとのことなので、その間はおこもり生活になりそうです。→実際は洗浄の時から塗装終了までの間だけでよかったので数日間のみおこもりでした。
そして、養生はしてあっても作業後の夜の間など、空気の入れ替えや息苦しくて開けたくなった時は養生を破って自由に開けたら良いとのことでした。

アフター

レガリア 塗装 クリア

クリアの部分は光沢が出ています

 

 

レガリア オイスターホワイト 塗装

 

 

 

 

拡大してみると

外壁塗装 レガリア オイスターホワイト

 

わー!新築のようになりました!

 

 

20年保証で30年はもつといわれている「レガリア」での塗装

今後どのように変化するのか、追記していきたいと思っています。

外壁塗装20年保証のレガリアの塗装写真わかりやすくもう一度

クリアの部分

ビフォー

アフター

光沢が出ています!

 

 

レガリア色付き(オイスターホワイト)の部分

ビフォー

(高圧洗浄後)

(下塗り後)

アフター

 

外壁塗装にレガリアハイブリッド塗装後1ヶ月での変化

塗装してもらってからまだ1ヶ月の時に変化?

 

驚きますよね。

変化があったのですよ。

 

外壁塗装には2色使ってもらったわけですが、変化のあったのはクリアで塗装してもらった部分です≫外壁塗装の色分け失敗?レガリアハイブリッドのクリア塗装後の変化

 

外壁を傷つけないお手入れの方法

今回の塗装をお願いするまでの、工務店さんの話の中でこれまで知らなかった外壁のお手入れの正しい方法や外壁塗装をする最適なタイミングというのを知ったので、それも残しておこうと思います。

 

これまで考えてしてきた、きれいになって良い!と思っていた掃除方法はNGのお手入れ方法でした。

ケルヒャーなどの高圧洗浄機を使う掃除はしてはいけなかったのです!こちらで詳しく書いています≫外壁掃除にケルヒャーを使っていい?高圧洗浄機の罠!正しいお掃除方法は?

 

 

外壁塗装をするベストなタイミング

そして、外壁塗装をする最適なタイミングは・・・

 

外壁が壊れたり削れたりしてしまう前!

・外壁のレンガがつながったように見える部分のつなぎ目(コーキング)にヒビが入っている

・外壁を触ってみると粉がつく(埃を指先で確認する姑さんのようなイメージで触った時に粉がつく)チョーキング現象

このような時が外壁塗装をした方が良いタイミングなんだそう。

 

壁だけでなくてつなぎ目のコーキングと呼ばれるところのヒビなどでも劣化を確認することができます。

↑真ん中の白く縦に入ったところね

 

塗料レガリアハイブリッドの特徴

ここが1番という特徴は1回の塗り替えで約30年間塗り替え不要というところです。

 

塗装をお願いした塗装業者からもここをとても強くすすめておられるようでした。

実際塗装をお願いするお客さんのほとんどはこの「レガリアハイブリッドGT E」を選んでいるとのことです。さて本当なのかどうかはわかりませんけどね。

 

たっくさん良い特徴があるので簡単に箇条書きでお伝えします。

・艶のある質感を持って格調高い美しい外観になる

・粒子の形状がきれいで極めて小さいので剥離・脱落の心配がない

・伸縮率が最大500%

・従来の塗料に比べて2倍以上の対候性

・優れた断熱性と高い反射性能

・耐水効果が抜群

・人や環境に優しい塗料

・防藻、防菌、防カビ性に優れる

・優れた断熱性能

・いったん貯めた熱を放熱しやすい

 

yayoi
なんかものすごくいい塗料みたい!実際30年もつのかはわからないけど・・・
実験というのはおかしいけども、あえて塗装の色は白に近い色を選んでみました。
まあ、夫婦ともの好みの色でもあります。
オイスターホワイトといって、限りなく白に近いけどすこーし緑のようなグレーのような色が入っています。
真っ白にしようかとも考えたけど・・・
最終的には少し他の色の入った限りなく白に近い色を選びました。
さてさて今後塗装した箇所はどのような変化をするのか?
きれいな状態のまま長くもつのか?
レガリアハイブリッドGT Eについてもっと詳しく知りたいあなたはこちら≫一水化成公式

 

まとめ

外壁塗装で塗料おすすめされた20年保証耐用年数30年のレガリアを使った結果

ビフォーアフターを写真付きでお伝えしてきました。

・艶のある質感を持って格調高い美しい外観になる

・粒子の形状がきれいで極めて小さいので剥離・脱落の心配がない

・伸縮率が最大500%

・従来の塗料に比べて2倍以上の対候性

・優れた断熱性と高い反射性能

・耐水効果が抜群

・人や環境に優しい塗料

・防藻、防菌、防カビ性に優れる

・優れた断熱性能

・いったん貯めた熱を放熱しやすい

というなんだかすごいぞこの塗料というのを今回の塗装で使ったわけですが、今後の変化も気になるところですよね。

 

外壁塗装をしてからの変化も今後追記していこうと思います。

 

 

レガリアという塗料は全ての業者で扱っているわけではなくて、扱っていない業者もあります。

わが家でお世話になった業者様はこちら≫外壁塗装の業者大阪本社のエムズアートテクチャーでお願いした口コミ感想!

外壁塗装レガリアハイブリッドGTE
管理人をフォローしませんか?