mawaハンガーと無印アルミハンガーの違いを比較!肩の跡がつかない洗濯収納にベストなのはどっち?

mawaマワハンガーと無印のアルミハンガーの違いを比較します。

mawaハンガーと無印のアルミハンガーは共に洗濯物干しとしても使えて、そのままクローゼット収納もできるので、洗濯の時短にぴったりなハンガーです。

mawaマワハンガーと無印のアルミハンガーを比較した時に、肩の跡がつかなくて洗濯収納にベストなのはどっちなのか?詳しく調べました。

mawaハンガーと無印アルミハンガーの違いを比較!

mawaハンガーと無印のアルミハンガーはどちらも洗濯用のハンガー・収納用のハンガーとして使えるハンガーなわけですが、どこが違うのか比較します。

 

①材質の違い

②滑りやすさの違い

③肩の跡が付きにくいかどうかの違い

 

順番に見ていきます。

 

材質の違い

名前の通り材質が違います。

マワハンガーはスチールにPVC樹脂コーティング(本体)、クロームメッキ(フック部)

 

 

無印ハンガーはアルミ製

 

滑りやすさの違い

マワハンガーは滑らないハンガーと言われるように、とってもしっかりとしたホールド感です。

キャミソールやつるっとした生地の衣類も滑らず干すことができます。

 

yayoi
mawaハンガーのペタペタしたところが苦手で、無印を選ぶという人もいます。ペタペタのおかげで滑らないのでしょうけどもね。

 

無印のアルミハンガーはつるつるしていて、衣類をかけると滑ります。

洗濯物干しや外す際にはするんと取れるためストレスを感じにくいのですが、衣類の首の部分が伸びたり長時間衣類を掛けることで衣類本体に負担がかかってきます。

 

肩の跡が付きにくいのかどうかの違い

mawaハンガーは衣類の種類や生地の厚さに関係なく肩の跡はつきにくいです。

 

 

 

 

無印のアルミハンガーは新しくなり肩の跡がつきにくい形となったものの、ジャケットや重く厚い衣類を長時間かけているとハンガーの肩の跡が付きます。

薄く軽い衣類の場合は肩の跡が以前のものと比べてつきにくくなっています。

 

なだらかなシルエットとなっています。

無印のアルミハンガーが変わっていた

幅41cm→42cm

高さが3cm長くなった

新しい方が襟・肩・袖のラインがなだらかに

 

yayoi
以前の無印のアルミハンガーと同じサイズだと思い、新しいハンガーを買い足した場合は、形の統一ができないのでハンガーを全て統一したかった人から残念だという声があるようです。

 

ハンガーは形と色を揃えた方が統一感があり、スッキリとした収納となります。

 

アルミハンガーに肩の跡がつかないのをそこまで求めるのは酷なことかもしれません。

mawaハンガーと無印のアルミハンガー肩の跡がつかない洗濯収納にベストなのはどっち?

mawaハンガーと無印のアルミハンガーを比較して、肩の跡がつかない、それでいて洗濯収納にも向いているのは「マワハンガー」となります。

 

マワハンガーと無印のアルミハンガーは洗濯用のハンガーとして使えて、そのままクローゼットの収納へもそのまま持って行けるという点でどちらも人気です。

洗濯物を干す、衣類をハンガーから外す時にスルンとストレスなく取れるのは無印のアルミハンガーです。

マワハンガーのペタペタしたところが合わず、マワハンガーを買ったものの後に無印に変えたという人もいます。

使い心地や絡まらない、シンプルという点で無印のアルミハンガーは人気です。

 

この辺りは好みとなりますね。

 

肩の跡が付きにくいのはどちらか?となるとやっぱりマワハンガーの方に軍配が上がります。

 

check肩の跡が付きにくく、洗濯物干しとしても活躍する「マワハンガー」ですが、洗濯物干しとして使用する時の注意点もあります≫mawaハンガーで洗濯干し濡れた服でも使える?屋外に外干しや浴室乾燥も?

 

 

▼肩跡がつかず洗濯干しにも使えるマワハンガー

▼スルンとストレスフリーな使い心地「無印アルミハンガー」

▼キャミソールなど干したい場合は「窪み付き」

管理人をフォローしませんか?