授乳ストラップはヘアゴムで!ダイソーで購入ゴムで簡単手作り

授乳服は着る期間が限られているので、妊娠前の服で過ごせるのであれば授乳服なしで乗りきりたいです。

この記事では授乳服がなくても、楽々授乳ができる簡単すぎるアイテムをご紹介します。

授乳中、服を持ち上げて顎に挟んではいませんか?

何度も服がずり落ちて授乳しにくい!と思いながら過ごしていませんか?

たった1つの物を準備するだけで、ずり落ちる服とさよならできて、楽々授乳ができますよ。

 

授乳ストラップをダイソー購入のヘアゴムで簡単手作り

●ゴム1本

100均で売られている長さを好きな長さで切ってヘアゴムにできるゴムです

 

3本1セットで売っていました(ダイソーで購入)

ダイソーヘアゴム

↑別日に買ったゴムを撮ってます

この買ったゴムはこのままの長さで端を結ぶだけでちょうどいい長さに「授乳ストラップ」が作れて便利です

 

ダイソーのヘアゴム括る

yayoi
第3子産後も新しいものを作りました

作り方

  1. 自分の好きな色のゴムをまるまる1本準備します
  2. ゴムの端と端を結びます

完成

 

使い方

①首から輪っかになったゴムをかけます

 

 

②ゴムの首から下にさがっている部分が服と授乳ブラの間に入るように入れ込みます

写真では肌着と上着の間からゴムが出るように撮っていますが実際は授乳ブラと肌着や上着の間にゴムが入るように入れ込んでくださいね

 

 

③服の内側に隠れているゴムの先を服の外側に引っ張り出し、首にかけます

 

完成


楽天などでも「授乳ストラップ」は売ってますね。

サイト内で授乳ストラップの使い方をわかりやすくイラストで教えてくれているものもあるので、よければ覗いてみて下さい

 

ダイソーで購入したゴムではとてもシンプルな「授乳ストラップ」が作れますが、市販のものではかわいいものもたくさんありますね

 

まとめ

授乳服を買わなくても、手持ちの服のままで、ストレスなく授乳できる楽々アイテムをご紹介しました。

この方法は桶谷式の助産院で教えてもらった方法です。

外出時や車の中などであっても、授乳ケープもしくはガーゼおくるみなども授乳ケープとして使えるので、代用できるものを授乳ケープとして使用すれば、授乳服を準備しなくても授乳期間を楽に過ごすことができますよ。

 

おくるみ・ひざ掛け・授乳ケープ・赤ちゃん用沐浴ガーゼタオルなど幅広い用途で使えるガーゼおくるみもあります。


1枚そういったものを持っていれば、ゴムの楽々授乳アイテムと合わせて使い、授乳期間が終わったあとは別の用途で使うこともできておすすめです。

 

ゴムの楽々授乳アイテムはとても簡単に作ることができるので、まだ試したことのない方は1度作ってみてくださいね。

 

母乳育児に関する記事

母乳を吸ってくれない時に使う哺乳瓶!「母乳相談室」

赤ちゃん1歳で仕事復帰。授乳や自身の胸のケアはどうする?【体験談】

母乳で育てたいママに絶対おすすめするアイテム!【まとめ】

管理人をフォローしませんか?