母乳で育てたいママにおすすめアイテム!【まとめ】

母乳で育てたい!

という気持ちが強いママさんへ

 

わたしの体験から絶対おすすめのアイテムをまとめようと思います。

 

わたしの第1子は産後しばらく混合、1ヶ月半頃から完母

第2子は産後の入院期間中のみ混合、退院後からは完母

になりました!

 

これまでの経験から

完母で育てたい!

できれば母乳育児をしたい!でも軌道になかなか乗らない!

という方に絶対おすすめのものをまとめました。

 

それぞれのアイテムは別記事でまとめているため、そちらで読んでもらうとよりよくわかる内容になっています。

 

母乳育児がしたいけど軌道に乗らない時に使うアイテム

赤ちゃんが上手く吸えないorママの乳首に問題がある時に使う哺乳瓶

母乳を吸ってくれない時に使う哺乳瓶!「母乳相談室」

 

わたしが第1子の産後にはじめて知った哺乳瓶

「母乳相談室」

 

完全母乳になりたい!

混合だけど・・・混合でもいいけど・・・

できるだけ母乳で育てたい!!

と思うママはいるはず

 

赤ちゃんが小さくうまれた場合や赤ちゃんの哺乳力があまり強くない

ママの胸になにかしらの問題があって直接母乳があげられなく、

しばらくは哺乳瓶で飲ませる必要がある

 

という時に選ぶ哺乳瓶は絶対「母乳相談室」一択です

 

わたしが第1子を出産した病院では出産準備セット(病院で準備してもらえるセットで不織布の鞄にセットが入っています)

この中に哺乳瓶(母乳実感)が1本入っていました。

「母乳実感」この哺乳瓶です↓

病院のセットに入っている哺乳瓶なのでよいものなのだろうな~と思い産後退院してからも自宅でこの哺乳瓶を使い、混合育児をしていました。

産後1ヶ月くらいしても赤ちゃんの飲む力がとても弱いように感じたことと、自分の母乳がどれくらい出ているのか?

赤ちゃんの体重の増えは問題ないのか?

気になり出したらどんどん不安になってきます。

 

そんな時、わたしの母に相談すると

「「桶谷式の助産院」に行って来たら?」

と提案してくれました。

 

はじめて足を運ぶ場所であったので不安ではありましたが、今では行ってよかったと心から思います。

 

この「桶谷式の助産院」ではママの胸の状態を見てもらえるだけでなく、赤ちゃんの口の中の様子(飲み方・舌が短いかどうか・哺乳力)

赤ちゃんの身体全体のこと(ガスが溜まっていないか・股関節に問題はないかなど)も見てもらえます

 

yayoi
「桶谷式の助産院」に行ってみてもらった結果、わたしの長女の場合は舌が短くうまく吸うことができていないことがわかりました!こんなの産後の入院中助産師さんから一言も聞いてないよ~!!(長女は3歳の時に舌小帯を切る手術を受けました)

 

そして、ここで教えてもらったのが哺乳瓶『母乳相談室』です

産院で「母乳実感」をもらった(実際は買っている)のでその哺乳瓶を使っていることを話すと、今すぐ変えるように言われました。

『母乳相談室』この哺乳瓶↓

 

『母乳相談室』の哺乳瓶は赤ちゃん吸う練習ができるように特別な乳首が使われています。

うまれたばかりの赤ちゃんでも楽に飲めることはよくわかって

ママの母乳を飲むよりすぐにミルクが出てくる「哺乳瓶」の方が楽に飲めることがわかると、楽な哺乳瓶の方がいい!!

となってしまいますよね。

 

「母乳相談室」は上手く舌をからめて飲まないとミルクがあまり出てこないつくりになっています。

赤ちゃんがしっかり大きな口「アヒルさんの口」で深く咥えて、舌を上手に動かせるようにするために考えてつくられているのですね。

 

わたしは第1子産後、最初は直母→その後ミルクを少量(約40㏄)母乳相談室の哺乳瓶で飲ませる

授乳間隔は夜間でも4時間以内

というのを続けて産後1ヶ月半で完全母乳になることができました。

 

哺乳瓶を使うなら絶対「母乳相談室」をおすすめします!詳しい記事➤母乳を吸ってくれない時に使う哺乳瓶!「母乳相談室」

 

 

もし、すでに哺乳瓶「母乳実感」を持っているのであれば、上の部分(乳首乳首と瓶の接続の部分)だけ購入すると
瓶は母乳実感のままで乳首は「母乳相談室」が使えるので便利です
母乳相談室の乳首のみ↓

母乳相談室の乳首と瓶の接続部分(キャップ部分)↓

今はネットで様々なものが買えて便利ですね。
自分は母乳が出るのか、出ないのか、出にくいのか
実際産後にならないとわかりません
産後の入院中にこの哺乳瓶をネットでポチっとすれば、全然遅くありません
産前に哺乳瓶を買う必要はまったくありませんからね。
産前からミルクで子育てをしたいと思っている方は先に哺乳瓶を準備してもまったく問題はないですね
yayoi
「楽天」のお気に入りに入れておいて、産後の入院中に「あ、わたし哺乳瓶必要だわ!」と思えばその時にポチっとするのをおすすめします

乳首が切れて授乳が苦痛な時や乳頭保護・ケア

 

よく知られている「ピュアレーン」です

 

わたしは乳頭のお掃除をする時、入浴の少し前に乳頭に「ソンバーユ(馬油)」を塗っておいて

お風呂の時に乳頭の汚れとりをしています。第3子妊娠中の今(R3.1現在)はこれで十分!ソンバーユは全身に使えておすすめです。

 

 

液体で出てくるソンバーユもあります↓

この「ソンバーユ」もとってもおすすめなのですが

 

「ピュアレーン」は羊毛からとれる天然成分「ラノリン」を100%使っていて

添加材や保存剤不使用!赤ちゃんに無害なので授乳前に拭き取らなくてもいいんです!

今まさに妊娠・授乳中のママさんにおすすめのケアクリームです

 

母乳育児を楽にしてくれるアイテム

授乳服無しでも楽々授乳

『授乳服なしで乗り切る。簡単すぎる授乳アイテム』

これは超安くで作れて、授乳服が1着もなくても楽々授乳できるアイテムです。

こんなの↓

ただのヘアゴム

100円均一で手に入ります

 

作り方はこのヘアゴムの端をくくるだけ

 

使い方は別記事で詳しく書いています➤授乳服なしで乗り切る。簡単すぎる授乳アイテム

 

ここでも簡単にお伝えします。写真通りにすればいいだけです

とっても簡単↓

 

写真では肌着の上からゴムを使用してますが、実際は授乳ブラと肌着等の間にこのゴムを入れ込んで使ってくださいね。

 

授乳中は授乳ケープやおくるみを授乳ケープ代わりに使用するのがおすすめですよ。

 

わたしの愛用する授乳ケープ↓

 

ワイヤー入りで赤ちゃんの顔を確認しながら授乳できます。

特に第1子産後ママさんにおすすめ

 

 

こんなのも便利↓

ストールやポンチョいろんな場面で使える多機能なものは便利ですね

 

母乳育児をしたいママに絶対おすすめな授乳ブラ

『母乳育児を軌道に乗せたい人が使う授乳ブラはコレ!【モーハウスブラ】』

 

母乳育児を楽にママの身体に負担がない!赤ちゃんにも優しい!

というおすすめの授乳ブラ

 

「モーハウスブラ」です

 

これまでいろんなタイプの授乳ブラを調べて

いろんな種類の授乳ブラを使ってみて

その結果

 

この「モーハウスブラ」が1番よかったです!

 

身体の一部にだけ負担がかかるのではなくて、肩やアンダーバストへの偏った締め付けがなく

とにかくストレスフリー!

 

金属部分が1つもなくママの肌や身体にも赤ちゃんの肌にも優しく作られています。

 

母乳育児をしたくて、授乳ブラはどんなものが良いのか悩んでいるママさんに絶対おすすめの授乳ブラは「モーハウスブラ」です

 

わたしはMサイズを使用

「モーハウスブラ」についての詳しい記事はこちら➤母乳育児を軌道に乗せたい人が使う授乳ブラはコレ!【モーハウスブラ】

まとめ

完全母乳で赤ちゃんを育てたい!

母乳とミルクの混合でもいいけどできるだけ母乳を赤ちゃんに飲んでもらいたい!

というママさんにおすすめのアイテムをまとめてきました。

 

実際に混合→完母で子育てをしてきたわたしの経験をもとに良いものだけを紹介しているので

これから母乳育児をしたい!というママさんに是非使ってもらいたいです。

 

この記事で紹介しているアイテムの詳しい記事

●『母乳相談室』➤母乳を吸ってくれない時に使う哺乳瓶!「母乳相談室」

●授乳しやすいアイテム➤授乳服なしで乗り切る。簡単すぎる授乳アイテム

●『モーハウスブラ』➤母乳育児を軌道に乗せたい人が使う授乳ブラはコレ!【モーハウスブラ】

 

 

 

 

管理人をフォローしませんか?