柊冬の読み方は?柊のとうは当て字?

当ページのリンクには広告が含まれています。
柊冬の読み方は?柊のとうは当て字?
  • URLをコピーしました!

柊冬の読み方は?

柊冬は人名なのか?

調べました。

目次

柊冬の読み方は?

柊冬の読み方を調べました。

 

どうやら、柊冬という組み合わせではなく、「冬柊」という漢字の組み合わせはあるようです。

 

冬柊の読み方は「とうしゅう」です。

冬柊という人名はあるということですね。

 

柊の読み方は「しゅう」の他にも「とう」とも読むことができます。

 

柊のとうは当て字なのでしょうか?

柊はとうとも読むけど当て字なのか?

柊の音読みは「シュウ」であって「トウ」という読みはないというものを見つけました。

 

柊を「トウ」と読むのは日本で当てられた漢字と考えられるようですね。

 

ただ、名付けの辞書なんかにも登場する読み方で「トウ」の読み方があるのですよね。

人名の場合はかなり自由に漢字を読むことができると解釈したら良さそうであります。

 

柊のつく漢字の名前についてはこちらの記事でまとめています≫木へんに冬と書いて何と読みますか/名前での使われ方や願い!

 

柊は名前に入れると良くないなんて声も

柊という漢字は名前に入れると良くないなんて声もあるのです。

 

どういった理由があるのでしょうか。

季節をイメージする

まず、柊はひいらぎですので冬をイメージします。

 

季節を想像してしまうから良くないと考える人はいます。

 

植物の名前はよくない

植物は枯れてしまう、終わりがあるなどというイメージもあるため、まず植物の名前は良くないという意見があります。

 

柊だけではありませんよね。

椛や椿なんかもありますよね。

 

個人的には好きな漢字です。

 

魔除けをイメージする

柊は節分の行事に登場します。

柊の棘が鬼を退けると言われ、伝えられてきました。

 

柊を魔除けのイメージで強く感じてしまう人が一定数いるようです。

柊の名前は中性的

柊の入った名前は男の子、女の子ともに多く考えられます。

 

ここで中性的な印象であると考えられますね。

 

 

名前に柊の入った名前の候補を男の子、女の子ともにまとめました≫木へんに冬と書いて何と読みますか/名前での使われ方や願い!

 

柊冬の読み方は?柊のとうは当て字?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よしぶーの妻:メイン管理者です。
3姉妹の母。保育関連のことをはじめ子育てや日々の気になるあれこれ、お役立ちグッズなどを発信しています。冷蔵庫で本を冷蔵してしまうこともあるぬけっぷり。特定の場所や人前で話せない元場面緘黙でした。
≫詳しくはこちら

目次