我が家の愛車予定!シエンタ見積もり公開!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

家族が増え、今乗っている車がプリウスということもあり、やや手狭になってしまいました。

車の購入はいずれと考えていたのですが、半導体不足などで下取り車市場が高騰していると伺い、あれよあれよと契約まで進んでしまいました!

車の購入資金はもともと新卒時からコツコツ貯めていた貯金があったのでそれを使用し、今回は中古ではなく「新車」での購入に踏み切りました!

よしぶー

自分の車で新車購入は初めて!

シエンタにした理由は、見た目がとても好みなのと、僕たち家族(5人)と両親も乗せて近場へお出かけ出来たらいいなと考えたからです。

他のミニバンも候補に挙がりましたが、普段使いではそこまで大型の車はいらないのと維持費の問題があったためです。

今回購入にあたりなじみのディーラーさんがとても頑張ってくれたようなので内容紹介と、個人的に選択したオプションの紹介をしたいと思います。

目次

シエンタの見積もりをブログで公開!

2022年12月契約時の話です。

大きく分けた見積もりになりますが、

※金額は千円以下四捨五入
車両本体化価格291万円(ハイブリッドZ 7人乗りFF)
車両本体値引き:10万円

メーカーオプション38万6千円
メーカーオプション値引き:0円

ディーラーオプション50万2千円
ディーラーオプション値引き:24万9千円(下取りによる追加値引きが11万含む)

値引き後の車両本体価格281万円
値引き後のメーカー+ディーラーオプション価格:63万9千円
合計344万9千円

これに下取り車価格として70万円が引かれ、総額は274万9千円+諸経費となりました!

よしぶー

ボディカラーはアーバンカーキ!

シエンタの即決したメーカーオプション見積内容

シエンタ購入に当たり、こだわったメーカーオプションの見積もりです。

  • アクセサリーコンセントAC100V/1500W非常時給電システム付:4万4千円

我が家はオール電化のため電気にかなり依存しています。
蓄電池なども考えましたが、劣化やそもそも震災などで家がつぶれていることも想定したので移動できる給電システムが必要。
そんなことを思いまず第一にこのシステムは必須にしています。
トヨタはこの辺り非常によく考えており、多くの車種にこのオプションが付けられます。
シエンタの場合はガソリン満タン消費電力400Wで約5.5日使用できるとの事。

  • コンフォートパッケージ:7万9千円

ステアリング+シートヒーター+スーパーUVカットIRカット機能付きガラスが内容です。
寒い時に使用してしまう装備がステアリングとシートヒーター!
降雪地域の為個人的には必須でした。
また、UVカットなども子供や女性にもうれしい装備だと思いこちらも優先度は高く採用。

  • トヨタチームメイトアドバンストパーク+パーキングサポートブレーキ:9万4千円

パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)+パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)がセットで付いたオプションになります。
パノラミックビューモニター単体と違い、モニター解像度がどうやら違うとの事。
自動駐車機能は恐らく使わないと思いますが、死角を表示してくれるモニターは個人的に必須!
ディーラーで試乗した際にこのオプションが付けられておりこれはいいと感じました。
また、このオプションを選ばなければ、ミラー下にキノコカメラ?が付くので見た目的にもこのオプションを選択。

  • ドライブレコーダー前後方:3万2千円

昨今のあおり運転なども考えて採用。
また、ETC2.0優遇の道の駅を頻回に利用することから迷わず選びました。

  • 10.5インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus:8万9千円

小さいナビでもいいかと思いましたが、試乗で経験し表示も見やすいことからこちらにしました。
社外品も考えましたが、今のところ社外品の経験が無いのでメーカー純正にすることに。

  • 天井サーキュレーター+ナノイーX:2万8千円

天井ディスプレイと悩みましたが、後付けでサブモニターは増やせそうだし何より車の中は快適に過ごしたい!との事でこちらを採用。
新型シエンタに後方エアコンがあればこれは不要と思います。

悩んだメーカーオプション!ファンツールパッケージ

ファンツールパッケージを選択し、内装色をカーキにすることで、車体のセンターピラーがボディと同色になるというもの。

値段は無料!なのですが、内装色のカーキが個人的には刺さらなかった・・・

そしてドアバイザーを装着した場合見た目がいまいちでは?と感じて悩んでました。

よしぶー

結局選択せずでした。

ちなみに内装色はフロマージュにしました!

シエンタの即決したディーラーオプション見積内容

シエンタのこだわったディーラーオプションです。

  • sientaギアセット:3万1千円

サイドエンブレムとバックドアアクセントモールがセットになったものです。
シエンタのサイドにはsientaエンブレムが入れれるのですが見た目重視で採用!
オプションカタログの見た目がすごい好みでした。
エンブレム色は山吹イエローを選択。

  • LEDフォグランプ(ガーニッシュ付):4万8千円

これも完全に見た目!
ほぼ毎日乗るから見た目大事(笑)
色はエンブレムと同じ山吹イエロー。

  • リヤフォグランプ:1万7千円or2万3千円

アウトドア感を出したいがための装備として採用(笑)
どんだけ見た目大事なの…

よしぶー

吹雪の時には使う予定。

  • FUN×FUNシートカバー(フロマージュ)1台分:7万2千円

1列目シート後方にポケットやティッシュケースがついており見た目も内装のフロマージュと合っていて良いと思い採用。
また、子供の食べこぼしからシート保護も兼ねています。

シエンタ社外オプション見積内容

シエンタには様々な社外オプションがあります。

そのなかで購入した物を紹介します。

購入した物はこちらのショップから購入。

  • シエンタ10系用 LEDルームランプ2点セット:4千円

ディラーオプションでは2万2千円と結構な価格でしたが、こちらのほうが安価。
比較動画もあり光量が全然違いました。

  • シエンタ10系用 ウィンカーLEDバルブ 2個セット:5千円

こちらは前後方揃えたかったので2セット購入。
指示器の光量が今一つだと事故につながりそうなので。

  • シエンタ10系用 LEDリバースランプ 2個セット:4千円

こちらも事故予防にと購入。
ユーチューブで比較動画見るとバック時後方画像の明るさも変わり見やすくなってました。

これら商品は人気なのと材料不足のせいもあって、注文から2ヶ月後に届きました。
届いてからの部品不良は1週間以内に交換受け付けるとの事ですが、まず車両が納車されていない状態での発注でしたので確認できていません。
発送前に検品しているとの事でこれを信じて現在保管中。

シエンタの納期は遅延している?

現在世界的に半導体不足や世界情勢の不安定さから部品調達が出来ていないようで、シエンタも納期が長いです。

契約時(2022年12月)は8か月待ちとの返事でしたが、その後どうなったのかは知らされていません。

個人的に降雪地域なのでスタッドレス換装があるため、納期は3or4/11or12月ならいいのである程度伸ばしてもらって大丈夫ですと伝えています。

納車されれば使い勝手などもレビューしていければと思います!

納車は11月予定であったのですが、5月中旬のある日

急にディーラーから電話があり、納車日が早まりそうです。

急な電話で驚きました。

車検の関係もあるので、車検の前での納車である場合は、こちら側としてはありがたいと思います。

また、2023年度もエコカー減税継続のようで、自動車税環境性能割と自動車重量税が0円となり約10万円近い金額が無くなりました!

【後日談】新型シエンタ納車!

新型シエンタが無事に納車されました!

実際に乗ったレビューやこだわった部分等を詳しくお伝えしていきます。

10系シエンタ納車から半年経過して

■シエンタ7人乗り3列目シートのレビュー≫新型シエンタ7人乗りは狭いのか?実際の感想をブログで大公開!

■シエンタのこだわったエクステリア≫新型シエンタのこだわったエクステリア!

■シエンタのドライブレコーダーはどんな感じ?≫新型シエンタの前後方ドライブレコーダー

■シエンタにロッドホルダー装着≫10系シエンタに装着できるオススメロッドホルダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子供3人(やんちゃ3姉妹)の父親です!
当ブログには立ち上げに関わり、以降は妻のyayoiへと引き継いでもらっています。
主にyayoiが記事更新ですが、車とガジェット関係や釣り関係(自分の趣味)について任せられたのでその分野を気ままに書いていきます。

目次