浅草寺の初詣屋台出店はいつまで、なにがある?参拝所要時間や混雑状況見どころ感想も!

当ページのリンクには広告が含まれています。
浅草寺の初詣参拝所要時間や混雑状況は?見どころ感想も!
  • URLをコピーしました!

浅草寺(東京都)の初詣時、屋台出店はいつまで?なにがある?

参拝所要時間や混雑状況は?

初詣時の駐車場状況や見どころ感想

浅草寺周辺のランチや宿泊施設のおすすめもまとめています。

 

実際に三が日、1月1日に初詣に行った20代男女、75歳の男女にお伺いしています。

目次

浅草寺の初詣屋台出店はいつまで?

浅草寺の初詣時、屋台出店は1月5日ころまで出店されています。

三が日過ぎても屋台を楽しむことができますね。

 

浅草寺の初詣屋台出店は?

じゃがバター、いかやき、わたあめ、フルーツ飴、焼きそばなどがありました。

 

屋台の出店は224店(2023年)でした。

たこ焼き、焼きそば、牛串、焼きトウモロコシ、フランクフルト、じゃがバター、お好焼き、りんご飴、ベビーカステラ等などの飲食の店のほか、お面を売っている店や木工品をその場でオーダーメイドして販売している店なども出店していました。

 

浅草寺の初詣参拝所要時間

浅草寺の初詣時、参拝所要時間は2~3時間です。

1月1日の10時から12時くらいに初詣に行きました。

 

1月1日7時~8時に参拝した方は、参拝時間は30分だったとのことです。

 

浅草寺の参拝所要時間通常時

初詣の時ではないのですけど、通常時の参拝所要時間も残しておきますね。

 

通常時の参拝所要時間は約30分です。

「仲見世通り」も楽しむ場合は約2時間、境内のスポットを丁寧に見るのであれば3時間くらいは必要だと思います。

 

浅草寺の初詣混雑状況や交通規制は?

 

 

浅草寺の初詣時は、警察もたくさんおり、交通規制もされていました。

 

参拝客が車道にはみ出るほど並んでいましたが、警察が整備してくれていたため、人混みでごった返すということはなかったです。

 

三が日で290万人訪れますが例年の混雑状況は12月31日の23時頃~1月1日3時頃が一番混雑します。

1月2日~1月3日の混雑のピークは10:00~15:00です。

仲見世商店街の営業時間は10:00頃~17:00頃なのでこの時間を避けてお詣りをしてから、ゆっくり、仲見世を見て回ったり買い物をすることで、混雑が回避できると思います。

 

浅草寺の初詣駐車場情報

浅草寺には専用駐車場は有りません。

【路駐車場】

浅草寺東側の路上にパーキングメータが設置されていて1月1日・1月3日は定休日で稼働していないので、駐車禁止の場所でなければ無料で駐車可能です。

浅草寺まで徒歩約1分~4分です。

いつも元旦の7時くらいに利用していますが、混雑している事が無く駐車しています。

 

【有料駐車場】

あまり大きい駐車場が無いので4時~8時、17時~20時は満車になりやすいです。

早朝(8時前)か夜(20時以降)なら混雑が回避されますが、予約しておく方が無難です。

 

雷門地下駐車場:東区雷門2丁目18番先、浅草寺まで徒歩約1分です。
197台収容
年中無休7:00~23:00(12月31日23時~1月1日3時まで入出庫不可)
最初の30分200円、以降15分毎に100円

 

 

浅草寺病院駐車場:台東区浅草2-30浅草寺病院敷地内、浅草寺まで徒歩約2分です。
20台収容
平日 8:00~21:00 200円/30分 (最大1800円)
21:00~8:00 100円/60分  (最大500円)
休日 8:00~21:00 200円/15分
21:00~8:00 100円/60分  (最大500円)

 

 

東武パーク浅草二天門:台東区浅草2-35-13、浅草寺まで徒歩約2分です。
15台収容
平日 8:00~22:00 200円/20分
22:00~翌8:00 100円/60分
(最大2400円)
土日祝日  8:00~22:00 300円/20分
22:00~翌8:00 100円/60分

 

 

とにかく近くの空き駐車場を探すこともできますが、民間の駐車場を予約できる【akippa(あきっぱ!)】
【広告】の利用も、待ち時間を確実になくせるのでおすすめです。

 

【akippa(あきっぱ!)】
【広告】は、事前に近くの駐車場を予約できるという予約サイトです。

 

空いている駐車場や個人所有の駐車場を予約利用できるというもので、先に車を停めておける場所を探して、当日は駐車場探しに時間を費やすことなく駐車できて便利です。

 

料金も33円とかで格安です!

15分~の利用が可能です。

 

▼あきっぱでチェック・予約する【広告】▼



 

参拝にはそんなに時間はかからなかったものの、混雑していて駐車場に駐車するのに時間がかかったという声があります。

 

駐車場が空くまで待ったり、駐車場探しにぐるぐるまわって移動しているうちにどんどん時間が過ぎて、イライラしてきたりもしますね。

 

 

▼駐車場探しのイライラとさよなら【広告】▼


浅草寺の初詣お守りの返納は?

本堂付近に「古札お納め所」があり、お守りやお札などを、回収してもらえます。

 

浅草寺の初詣見どころ感想は?

おみくじで凶が多いことで有名ときいたことがある。

 

(おみくじの大大吉がある神社についてはこちら≫おみくじの大大吉のある神社一覧と確率は?意味についても)

 

毎年初詣には多くの参拝客がいるので、自分もその流れで毎年浅草寺に初詣に訪れています。

 

屋台も多く出ているため、とても楽しめますが、やはり参拝客がかなり多いので、参拝するにあたりかなり待ちます。

 

しかし、警察もしっかり出動し、道路規制や整備もされているため、安心できますが小さなお子様連れなどは少し心配です。

 

カップルや友達と行くことをオススメします。

 

もしくは、お正月から少し日にちをずらすと混雑も減ると思います。

 

大晦日は電車が深夜まで運行していることから、年を越す前に並ぶことで比較的まだ参拝客が訪れる前に並べると思います。

 

お賽銭は混雑の影響から大きなビニールシートが引かれており、後ろから投げるようになっていました。

 

おみくじも引くためにかなり並んだ記憶があります。

屋台も購入するために20分近く並びました。

特に食べるスペースなどがないため、人混みの中で屋台で購入したものを食べることは少し大変でした。

 

 

▼元旦に参拝された70代の方の感想

浅草寺と言えば「雷門」ですが、この大きな提灯は浅草のシンボルとして有名で、写真撮影をしている人を多く見掛けます。

この提灯の下を通り抜けると浅草寺まで「仲見世通り」になりますが、食べ歩きは禁止されておりますので店先で、ここならではの浅草グルメを味わい、伝統工芸品やお土産物を扱う店を覗くのも楽しいです。

浅草寺の宝物が収められている「宝蔵門」を始め、お釈迦様の遺骨が納められている「五重の塔」や浅草寺最古の建造物「六角堂」などの歴史的な建造物もあります。

宝蔵門正面には仁王尊像があり、大きなわらじも祀られています。

宝蔵門を過ぎると「本堂」です。

本堂自体も美しいですが天井に天女と龍が描かれていて、誰でも鑑賞できます。

本殿宝蔵門の左側の「なでぼとけ」や本堂前の香炉の煙は体の悪いところにご利益があるとされており、穴場スポットです。

境内には毎年多くの屋台が出店します。

仲見世通りとは、また趣の替わった店を見ながら歩くのも、楽しみのひとつで、夜になって屋台に灯りがともると屋台の食べ物が一層美味しそうに見えて、あれもこれもと食べてしまいます。

仲見世通りよりも屋台の方がお正月気分に浸れましたが、晴れ着を着ている人が少なかったのが残念でした。

 

浅草寺周辺のおすすめランチお食事処

「まさる」:天丼-台東区浅草1-32-2
「モンブラン浅草店」:ハンバーグ-台東区浅草1-8-6
「ごはん×カフェmadei(までい)」:和食、カフェ-台東区雷門2-1-13 2113雷門ビル

 

浅草寺周辺のおすすめホテル宿泊施設

リッチモンドホテル浅草:台東区西浅草2-7-10 浅草寺から0.2km、レストラン有り、安価

 

↓楽天トラベルでアクセス他詳細を見る【広告】

 

 

アパホテル:台東区西浅草2-6-7 浅草寺から0.5km、レストラン有り、安価

 

アパホテルいろいろありましたわ。

 

東京都の初詣関連記事

出世の運が良くなるという人の多い愛宕神社の初詣≫愛宕神社(東京都)の初詣混雑状況やご利益などまとめ

 

多くの人で三が日に賑わう王子神社の初詣≫王子神社の初詣混雑状況や屋台出店は?ご利益やお守り返納についても

浅草寺の初詣参拝所要時間や混雑状況は?見どころ感想も!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よしぶーの妻:メイン管理者です。
3姉妹の母。保育関連のことをはじめ子育てや日々の気になるあれこれ、お役立ちグッズなどを発信しています。冷蔵庫で本を冷蔵してしまうこともあるぬけっぷり。特定の場所や人前で話せない元場面緘黙でした。
≫詳しくはこちら

目次