七五三の祖父母の服装は普段着でいい?スーツやワンピース、和装どんなものがいい?

七五三の時の祖父母の服装はどんなものがいいのか。

普段着でも問題ない?

スーツやワンピース、和装どういったものがベストなのか?

くわしくお伝えします。

七五三の祖父母の服装は普段着で問題ない?

 

まず、結論からいうとカジュアルすぎる普段着は避けるようにしましょう。

 

基本的には祖父母の服装は父母と同じような服装にすると問題ありません。

 

ここからは祖父、祖母それぞれの七五三時の服装でどんなものがいいのかまとめてみます。

 

七五三時祖父の服装はどのようなものが好ましい?

まず、祖父の服装からです。

 

七五三時に無難な服装はダークスーツです。

まだお仕事をされている方であればお持ちかもしれませんね。

 

お仕事をされていてもスーツを持っていない、あるいは退職されていてスーツを処分されている場合は手持ちのお出かけ用ジャケットやスラックスを着用すれば大丈夫です。

スーツ以外でも落ち着いた色味のチノパンやスラックスでも大丈夫なので幅広く服装も考えることができます。

 

ジャケットを羽織るだけでカッチリ感が出るので、1つジャケットを準備しておくと便利です。

 

祖父の方が服装には困らないかと思います。

 

NGの服装

・カジュアルすぎるもの

・ポロシャツ

 

 

 

祖父の場合より気になるのは、祖母の服装ですね

 

七五三時祖母の服装はどのようなものが好ましい?

祖母の服装の場合もカジュアルすぎるものを避けます。

 

和装・洋装どちらでもお好みの方を選べば大丈夫です。

 

和装の場合は、略礼装の訪問着や色無地、付下げなどの外出用の着物を選びます。

ちなみに母も和装にする場合は同様の着物を選んでください。

 

着物についてもう少し詳しくいうと

・格式がある訪問着や色無地、付下げのどれかから選ぶ

・江戸小紋であれば略礼装になるので○

・小ぶりな柄を選ぶ

・紋のない着物でも大丈夫

・落ち着いた色合いであれこれ色が混ざっていないもの

・色味はお祝いする季節が春ならピンクやグリーン、秋ならベージュがおすすめ

上記のポイントをおさえて着物を選んでみてください。

 

 

 

洋装の場合は、アンサンブルスーツなどかっちりしすぎない服装がおすすめ。

年齢に応じたスカート丈がいいですね。

小物やアクセサリーで華やかさを出すのがおすすめです。

 

洋装もレンタルがおすすめです。事前に届いて1週間借りられる安心のところがあります≫【レンタルドレスはおしゃれコンシャス】
覗いてみてください。カッチリしすぎず、年齢別におすすめの服装が選べます。

 

そして七五三の時期には防寒も考えた方がいいです。

ストールなどを準備しておくと便利ですよ。

 

神社だけではなく食事会場に徒歩で行く場合などは、長時間になることが考えられるので動きやすい服装がいいです。

特に靴は歩きやすいものを選んでください。

洋装と和装どちらがいい?選ぶポイント

神社と女の子

祖父母は洋装と和装どちらでもいいといっても、どうしたら?

と考えてしまいますよね。

 

ここでは、子どもや両親の服装と合わせるようにします。

子供と父親、母親が洋装であれば祖父母も洋装

子供と父親、母親が和装であれば祖父母も着物で統一した方がいいということですね。

 

yayoi

わが家の場合、子どものお祝い時に子どもと両親、それに父側の祖父母はみんな洋装なのに、母側の祖母だけ着物!ということがありました。

気にしなければいいのかもしれませんがひとり浮いてしまっていたので、事前に服装について話し合って決めておけば良かったと反省しましたよ

 

服装については事前に話し合って統一するほうがいいと思います

 

家庭によって盛大にするか、簡単に済ませるかは違いますが、これだけは押さえるポイントをまとめておきます。

主役は子ども!子供より目立つ服装にはしない

・神社という場にあった服装にする

家族全員で格を合わせて統一する

 

これで問題なしです。

 

 

事前に祖父母と両親で話し合うことは

・神社はどこに行くか

・子どもの服装は何にするか

・両親が当日着ていく服装は何か

ということですね。事前に決めていることを祖父母に伝えておくことが大切です。

 

 

この他に注意しておくことは、祖父母の体調を考えて服装を考えることです。

子供が途中に「だっこー」「おんぶー」となることはあります。

これはよくあると思います。

 

動きやすい服装、動きやすく疲れにくい靴を選ぶことが大切です。

 

まとめ

七五三の時の祖父母の服装は普段着でいいのか?

洋装や和装選ぶ時のポイントをお伝えしてきました。

 

基本的にはフォーマルがいいです。

これで間違いはないですね。

 

祖父の場合は基本的にはスーツで大丈夫です。

 

祖母の服装の方が悩まれる方が多いと思うので、祖母の服装についてもう一度選ぶポイントをまとめておきますね。

七五三時の祖母の服装

<和装にする場合>

・格式がある訪問着や色無地、付下げのどれかから選ぶ

・江戸小紋であれば略礼装になるので○

・小ぶりな柄を選ぶ

・紋のない着物でも大丈夫

・落ち着いた色合いであれこれ色が混ざっていないもの

・色味はお祝いする季節が春ならピンクやグリーン、秋ならベージュがおすすめ

 

<洋装にする場合>

・年齢に応じたスカート丈のカッチリしすぎないしっとり系の服装

小物やストールがあると便利

 

上記のことを参考に選んでみてください。

 

そして1番大切なポイントは

・主役は子ども!子供より目立つ服装にはしない

・神社という場にあった服装にする

・家族全員で格を合わせて統一する

ですよー

yayoi
事前の話し合いが大切

 

以上七五三の時の祖父母の服装についてでした。

 

 

当日の写真撮影は、出張のカメラマンを頼まない時は、手持ちのカメラやスマホで撮りますよね。

今はスマホで撮影する方が多いかと思います。

スマホで撮る場合きれいに撮れるアプリやきれいに撮れるちょっとしたコツもあるので合わせてチェックしてみてください≫自分で撮影!きれいに撮れるアプリとコツの紹介!

 

当日はお気をつけて、家族みんなで楽しめるといいですね。

 

管理人をフォローしませんか?