ジブリパークのチケット予約はいつから?予約方法や入場料混雑予想も!

ジブリパークのチケット予約はいつから?

 

ジブリパークが2022年11月1日にオープン!

2022年11月1日に開業するのは「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリア。

残る2つのエリア「もののけの里」「魔女の谷」は2023年に開業予定です。

 

ということで、チケットの予約は?

チケット予約の方法は?

というところが気になります!

 

入場料や混雑予想も合わせてお伝えしていきます。

ジブリパークのチケット予約はいつから?

チケットの予約は8月頃から開始の予定です。

 

 

ジブリパークのチケット予約方法は?

 

予約方法についてはオンラインで販売を開始される予定です。

 

 

それぞれのエリアのチケット販売数は、650枚から最大で4000枚に制限

 

子供たちの遠足や修学旅行などを想定して、1日500人ほどの枠を一般の枠とは別に設けられる

 

愛知県民に優先してチケットを販売する「県民デー」をつくることも検討されています(2022年4月28日時点)

 

 

名作アニメを世に送り出してきたスタジオジブリの世界観をじっくり体験できるように、日時を指定した事前予約制を基本とするとのことなので、予約がとれたらゆっくり見てまわれるように考えられているのだなーと思います。

ジブリパークの入場料は?

「ジブリの大倉庫」大人(中学生以上)平日:2000円 土日・祝日:2500円

「青春の丘」と「どんどこ森」大人平日・土日祝ともに1000円

どこも小学生以下:半額

3歳以下:無料

 

参考比較として「三鷹の森ジブリ美術館」を見てみます。

「三鷹の森美術館」

大人 1000円

高校・中学生 700円

小学生 400円

幼児 100円

作品の展示や「となりのトトロ」ネコバスルームがあってジブリと言えば「三鷹の森美術館」ですねー。

 

ここに近いと言えば「ムーミンバレーパーク」

「ムーミンバレーパーク」

入園料 大人2300円 子ども1300円

別で有料の施設があります

 

ディズニーランド・シーやUSJは子供でも5000円以上します。

 

ジブリパークはアトラクションがないので、そこまで高くはならないのでしょう。

「サツキとメイの家」は入場料 大人510円/中学生以下250円です。

 

料金設定について大村知事は、県の公園内の施設であることから、「一般のテーマパークと違い、お手頃な価格になるように調整する」と話した。

引用:中日新聞

 

ジブリパークは愛知万博会場だった記念公園内に、県が340億円かけて整備されています。

 

 

ジブリパークは公園という位置づけからか一部の人から「しょぼい」という声も聞かれます。

ジブリパークはしょぼいの!?どこが見どころ?というのをまとめています≫ジブリパークしょぼい?アトラクションないというけど魅力は?

ジブリパークの混雑予想

開園は2022年11月1日

ということで11月1日の開園日と

土曜日・日曜日は混雑が予想されます。

 

チケットが事前予約制ということなので、大混雑とまではいかないかと思いますが、混雑をできるだけ避けるには平日に訪れる方が良さそうです。

ジブリパークのチケット予約はいつから?予約方法や入場料混雑予想まとめ

ジブリパークのチケット予約は2022年の8月ごろとなります。

 

予約方法についてはオンラインでの予約予定です。

 

「ジブリの大倉庫」大人平日:2000円 土日・祝日:2500円

「青春の丘」と「どんどこ森」大人平日・土日祝ともに1000円

どこも小学生以下:半額

3歳以下:無料

 

混雑予想に関しては、開園日と土曜日、日曜日の混雑は予想されます。

他のテーマパークでも言えることですが平日に行けるようであれば平日に訪れることをおすすめします。

 

ジブリパークについてアトラクションはないけどどこが魅力?見どころをまとめています≫ジブリパークしょぼい?アトラクションないというけど魅力は?

ジブリパークのチケット予約はいつから?
管理人をフォローしませんか?