30分で作れる簡単ティッシュケースの作り方【BOXティッシュ、ソフトティッシュ両方可】

ティッシュケースを簡単に作りたい!

わたしが調べて、作ってみたものを画像付きで

ご紹介します。

 

今回は家にあった余り布を使って作りました。

この記事では引っ掛ける紐付きのティッシュケースを作っていますが、紐なしのケースだけを作りたい方は紐の準備は必要ありません。

作る工程でも紐を付ける作業もいらないのでさらに速く作れてしまいますよ。

 

30分で作れる!布製ティッシュケースの作り方

用意するもの
  1. 布  縦47㎝×横34㎝ 1枚

壁掛け用の紐を付けたい方は、お好きな紐やティッシュケースを作る布と同じ布を用意する

 

 

作り方

まずはじめに

四角い布1枚を折りたたんで作る、マチつきボックスティッシュカバーの作り方

↑を参考につくっています

 

1.ティッシュの出し入れ口を縫う

上と下の辺を1㎝折り、さらにもう1度1㎝折る

つまり三つ折りにしてアイロンをかける

三つ折りした部分を縫います。

 

2.布を半分に折りたたむ

1.で置いていた布の向きはそのままで、下から上に向かってちょうど半分になるように折りたたみます。

折りたたんで下側の袋になった部分両端をハサミでちょこっとだけ切って、印をつくります。

 

再び布を広げて、真ん中(さきほどハサミで印を付けたところ)から上下に2.5㎝ずつのところにチャコペンで印をつけます。

チャコペンがなければペンでもえんぴつでもいいと思います。

 

 

 

まず左下から左上のペン印に合わせて折り、次にその上にかぶせるように左上の辺を左下側のペン印の位置になるように折りたたみまち針でとめます。

 

 

反対側(右側)も折りたたみます。

この時出し入れがクロスするように、左側を折りたたむ時と反対の順番で、上の辺は下のペン印に合わせ次に下の辺を上のペン印に合わせて折りたたみまち針でとめます。

 

 

折りたたんだ端4ヶ所を印を付けるためにハサミでちょっこっと切ります。

 

 

 

この印を内側に折りたたんで、ペンの印に合うようにしてたたみます。

4隅とも同じように内側のペン印に合うように折りたたみます。

再びまち針でとめます。

 

3.布を縫う

このままのたたんだ状態で両端とも内側5mmのところを縫います。

この時壁掛け用の紐もいっしょに縫い付けます。

 

 

 

壁掛け用の布は、ティッシュカバーケースを作る布と同じものを使っています。

細く布を切って内側にクルクル折りたたみ布の端が内側になるようにした後、適当にミシンで縫ってとめただけです。

↓わたしが作った紐

 

 

 

この後裏返します。

布の表面が内側に入った状態になります。

この状態で端から1㎝の所を縫って袋縫いにします。

 

 

表に返します。

 

完成!!

 

ボックスティッシュを入れるとこんな感じ

 

詰め替え用のナイロンの袋に入ったティッシュを入れるとこんな感じ

 

 

吊り下げる用の紐を付けたくない場合は紐をいっしょに縫い込まないだけです。

 

 

 

少しゆったりしたケースができたと思いもっと大きいボックスティッシュを入れてみようかと思いましたが、それは入らず無理でした。

 

 

わが家でのティッシュカバー活用場所

子どもも取りやすい壁掛け

わが家にはまだ小学校にあがる前の子どもたちがいます。

子どもたちにも届きやすい位置になるように紐を長めに作って縫い付けました。

 

これで子どもが自分でティッシュを取りやすくなり

さらに便利!!

 

逆に子どもがもっと小さくて「いくらでもティッシュを出してしまって困る!」

という場合は紐の長さを調節したり、壁に掛ける高さを高くしたりすると

大人がとっても使いやすい壁掛けティッシュとして早変わりです。

 

 

わが家では日中はリビングにこのティッシュカバーを壁に掛けていて

夜になったら寝室にこのティッシュカバーごと持って行って

寝室の壁にかけています。

 

夜寝る直前になって

「鼻!鼻でた!」

と下の子が言って毎回少し離れたところにティッシュを取りに行く

というちょっとしたバタバタもなくなりました。

 

とっても便利なのでよければお試しください。

 

車に掛けておくのも便利そうですね。

 

まとめ

簡単!30分ほどで作れてしまうティッシュケースの作り方を書いてきました。

余り布が縦47㎝×横34㎝あれば作れます。

 

とっても簡単だったので作ってみてくださいね。

 

今回使った余り布↓

管理人をフォローしませんか?