逆子体操は効果なし!?右下にして妊娠36週までに治る【実践したこと全て】

妊娠後期に入り、妊娠30週を過ぎても「逆子さん!」

どうしよう!とお困りではありませんか?

 

この記事では過去の妊娠時2回妊娠後期・30週を過ぎても「逆子」

34週くらいまで待ってそれでも逆子が治らなければ「帝王切開」の話も出ていた妊婦が30週を過ぎてから実践した方法すべてを書いています。

 

ちなみに逆子体操はしていません!

 

この方法でわたし自身は36週までに「逆子」が治りました!

 

yayoi
これをしたから必ず逆子が治る!というわけではありませんが、わたしが実践したことをまとめているので1つの参考にしていただけると嬉しいです。

妊婦健診32週を過ぎても逆子36週までに治った!実践したこと全て

身体をあたためる

よく身体が冷えていると逆子になるという情報を目にしますね。

逆子でもそうでなくても妊婦の身体の冷えはよくないもの。

 

わたし自身妊娠30週を過ぎてからも「逆子さんです」

と妊婦健診で言われてから、色々と情報を読みあさりました。

 

その中には、

●妊婦の下半身が冷えていると逆子になりやすい

●胎児はあたたかい方に頭を向ける。脳の発達のためあたたかい方に頭を本能的に向ける(妊婦の心臓付近が最もあたたかい為)

というものが見つかりました。

わたしが調べた情報なので全て正しいわけではありませんよ!そういった情報も書かれていました

 

 

色々調べる中で、「まあ、身体を冷やすのはよくないよね」

と思い、身体を冷やさないようにより気をつけるようにしました。

 

夏に妊娠後期であった時も、冬の寒い時期に妊娠後期であった時も同様に身体を冷やさないようにしていましたよ。

 

基本的にしたことは

 

夏場であれば汗をよくかくので

●こまめに汗を拭く

●汗をかいたら着替えて身体が冷えないようにする

冷房のついているところに行く時は、身体を冷やさないように薄手のカーディガンを羽織ったり、持っていくようにする

妊婦健診の待ち時間でも冷房で身体が冷えてしまうことがよくあったので、妊婦健診時も羽織る物やひざ掛け等準備した方がいいです。

できるだけ素足で過ごさない。足首まで覆う靴下を日中は履く

 

 

冬場では

 

●愛用の保温性抜群の「レギンス」を履く

夏場と同様に日中は必ず靴下を履く

インナーであたたかいものを着るようにする

妊婦健診では体重をできるだけ軽く記録したいもの。

インナーで軽く暖かいものを着こんで、あたたかくて軽いトップスを着る。

あと、アウターは分厚くてあたたかいものでも体重測定の時に脱いでおけば、できるだけ軽く体重測定で記録できますよ。よければお試しください。

寒い屋外での作業がある場合は「カイロ」も使用する

基本室内では「カイロ」は使いませんでした。雪が多く降った時外に出る際「カイロ」を使っていました

 

 

飲み物はすべてホット

さきほど書いていた、身体をあたためる

の内側バージョンです。

 

衣類などの調節で外から身体をあたためるのはもちろん、内側からもあたためるように気をつけました。

 

夏場であっても冬場であっても「ホット」な飲み物を飲むようにしました。

冷たい飲み物をコップに注いでから、電子レンジで温めるというのもよくしていましたよ。

 

 

妊婦さんにおすすめのお茶も載せておきます

妊婦さんにおすすめしたいお茶

妊娠中から産後も飲めるルイボスティー

お試しセットからがおすすめ↓クリックで見られます



入浴剤も入れ入浴

身体をあたためるために毎日湯船に入っていました。

そして妊娠30週を過ぎてからプラスしたのは「入浴剤」も入れてみたことです。

より身体があたたまってリラックスもできるかと思い、毎日香りの違う入浴剤を入れて入浴していました。

 

 

匂いで気持ち悪くなってしまう妊婦さんはやめておいた方がいいかもしれません。

シャワーだけではなく、湯船には入った方が身体はあたたまります。

病院の医師に言われたことだけ実行

妊娠後期に入ってからも「逆子さん」と言われたら「逆子体操」をしたり

「逆子体操をするように!」と言われることがあるかもしれません。

 

わたしは産婦人科で担当してもらった医師から「逆子体操」の話はなく

赤ちゃんの頭・背中・腰の位置を確認してもらい、赤ちゃんが前転する方向を下にして横になるように言われました。

 

なのでこのことだけは守るように気をつけていました。

 

わたしは過去の妊娠時2回とも妊娠後期の時、赤ちゃんの頭が上、赤ちゃんの背中がわたしの左わき腹あたり、赤ちゃんの腰・お尻は下になっていたので、前転してほしい方向

つまり「右」を下にして横になるように言われていました。

 

これの反対の場合、赤ちゃんの頭が上・背中が右・お尻が下の場合は左を下にして横になるのがいいということですね。

 

わたしが実行したのはこの「右」を下にして夜眠るようにした!ということだけです。

寝返りや体勢も変えないとしんどいので必ず右下!というわけではなくできるだけ右下!を意識して眠っていました。

まとめ

この記事では過去の妊娠時2回、妊娠後期30週を過ぎてからも「逆子さん」で36週までに「逆子がなおった!」

この期間にしてきた実践方法を全て書いてきました。

 

これをしたから必ず逆子さんが治る!

逆子体操はしなくて大丈夫!

ということではなく、あくまでわたしの場合はこの実践方法をしてきて

35週までに実際に「逆子が治った」ということをお伝えしたいです。

 

逆子体操や気をつける事というのも、主治医の先生によく聞いて実践してみてくださいね。

 

 

 

最後に「36週までに逆子が治った!」わたしの実践をまとめてみます。

 

 

 

●あたたかい衣類で身体をあたためる

●常に飲み物は「ホット」にして飲む

●入浴剤を入れて毎日湯船につかる

●医師に言われたことのみ実行する(わたしの場合は右下にして横になる)

 

 

でした

 

1つの参考にしてもらえると嬉しいです

 

わたしが冬場毎日愛用しているインナー

発熱素材ではなくて「保温性抜群」のインナーであることがポイント

「もちぴた・もちはだ」

妊娠時期だけではなくて、産前産後ももちろん大活躍なので是非お試しください。

臨月まで着られます!わたしは第2子出産直前まで着ていました。

「もちぴた・もちはだ」のことがよくわかります↓

妊婦や冷え性の人は必見!冷えの対策にはこの衣類が最高『もちはだ』

 

 

yayoi

レギンスがおすすめ!

普段のサイズより1サイズ大きいサイズにするといいですよ

 

管理人をフォローしませんか?