理想の家計割合

結婚し、家族が増えたわが家

家計や教育費などお金についてわからないことが多くあります。

 

この記事では、書籍から学んだ「理想の家計割合」をグラフで紹介しながら

わが家はこれからどうしたらいいかな?

というのを綴っていきます。

子育て世帯の理想の家計割合

グラフ・表

 

 

費用(%)↓     手取り収入→ 30万円 35万円 40万円
住居費(25%) 7.5万円 8.5万円 9.5万円
貯蓄(17.5%) 5万 6万 7万
食費(12.5%) 4万 4.5万 5万
教育費(10%) 3万 3.5万 4万
おこづかい(10%) 3万 3.5万 4万
通信・光熱費(8.5%) 2.5万 3万 3.3万
被服費(4~6%) 1.5万 1.8万 2万
交際費(4~6%) 1.5万 1.8万 2万
保険料(3~5%) 1万 1.2万 1.6万
雑費(日用品)(2~3%) 1万 1.2万 1.6万

 

 

[子育てのお金BOOK],株式会社新潮社,フクチマミ著,2019.7.25[47貢]より引用

わが家の場合

yayoi
わたしたち夫婦は手取り収入合わせて約30万

わが家は共働き、2人ともフルタイム勤務で

手取り収入の合計は月に30万円なので

上の表の1番左側に当てはまりますね。

 

上から順に見ていき

居住費の7.5万円と食費の4万円はだいたい当てはまっています。

 

おこづかい制にしていないので、それぞれ必要なものや欲しいものは家計の中から出しています。

なのでそこもあやふやです。

 

表の中の割合より明らかに少ない費用は交際費です。

夫婦ともに友人や職場関係での食事やレジャー等はほとんどありません。

あっても年に数回?かな

 

その他の項目は月によって変動があるものであったり、把握できていなかったりするので

1度しっかり家計簿を見なおした方が良いかと考えました。

 

忙しい毎日の中でなかなか難しいですが、必要なことなので

しないと!ですね

 

 

 

わが家の優先順位とは?

お金の不安を手放すためには

他人の考える幸せから自分たち家族にとっての幸せに

視点を変えていくことが必要!

 

他人が言う「幸せってこうだよね」

というのではなく自分で考えることが必要ということですよね。

 

価値は人によって違って

「誰が何と言おうとこれは大切」と思っているものがあっても

「これは わたし関心ないな」というものも

あります。

 

わが家の場合、夫は車や家電・電化製品・パソコン関係のものに興味があって最近は特にパソコン関係のものが欲しいみたいです。

ゲームや釣りも好きだけど、子どもがうまれてからめっきりしなくなってしまったな~

 

よしぶー
車・パソコン大好き
わたしは、美味しいものを食べたりたくさんでなくていいけど家族でお出かけ・旅行をしたい
興味のあることといえば、お金のことが好きでお得・節税と言葉のつくものにすぐ反応してしまいます
yayoi
食べること・お出かけ大好き
人は1人ひとり価値観が違います。
当然夫婦でもお金をかけるのが惜しくないもの、そんなにお金をかけたくないものというのは
違ってきますよね。
ここを夫婦で話し合ってわが家の優先順位をハッキリさせることが
大切になってきます。
yayoi
わが家の優先順位って何だろう?
夫婦でこれは興味ある(お金をかけたい)、興味がない(お金をかけたくない)というものを、普段の会話の中で知っていくことも大切なのかもしれません。
そしてこの優先順位も月日が流れるとともに変わってくるかもしれませんね。
周りの同年代の人が海外旅行に行ったと聞けば、うちも行かなくちゃ
車を買ったと聞けば、うちも車を持たなくては恥ずかしい
というのは違います。
いくらお金を使っても満足感や幸福感は得られません。
わが家もまだまだ模索中ですが、優先順位を決めてわが家にとっての幸せを考えていきたいです。

 

まとめ

書籍から学んだ「理想の家計割合」をグラフ・表で紹介し

わが家の場合

わが家の優先順位は?ということにも触れてきました。

 

あなたの家庭の「家計割合」の見直しに少しでも参考になればと思います。

 

もう一度「子育て世帯の家計割合」を載せておきます

 

 

費用(%)↓     手取り収入→ 30万円 35万円 40万円
住居費(25%) 7.5万円 8.5万円 9.5万円
貯蓄(17.5%) 5万 6万 7万
食費(12.5%) 4万 4.5万 5万
教育費(10%) 3万 3.5万 4万
おこづかい(10%) 3万 3.5万 4万
通信・光熱費(8.5%) 2.5万 3万 3.3万
被服費(4~6%) 1.5万 1.8万 2万
交際費(4~6%) 1.5万 1.8万 2万
保険料(3~5%) 1万 1.2万 1.6万
雑費(日用品)(2~3%) 1万 1.2万 1.6万

 

この表の通りではなくてもいいと思いますが、一度家計を見直して、自分たちの家族の優先順位は?幸せは?

を考えてみるといいかもしれません。

 

 

関連記事

子どもの教育資金を貯めるために投資信託こども口座開設【セゾン投信】

教育資金何で貯める?投資信託で3年5ヶ月積み立て【経過報告】

3歳差の子がいるわが家では子どもの学費(高校・大学)をいつ、いくら貯めればよいのか?

手取り20万円以下でも年間54万円貯める!共働き夫婦のお金の管理・貯め方・増やし方【わが家の実践】

お金を増やす方法。サラリーマン(会社員)なら絶対すべきこと!

かんぽ生命の終身保険《新ながいきくん》特約を解約したわけ

 

↑漫画になっていてとても読みやすいです

結婚して家族が増えてもお金についてよくわからなくて、漠然とした不安がある

というママたちとわかりやすく説明してくれるファイナンシャルプランナーさんが登場します。

 

難しい本は読みたくない、お金に対して漠然とした不安があるけどずるずる忙しい毎日を過ごしてきてお金を貯めてこられなかった

という方におすすめです!

 

漫画なのであっという間に読めてしまいます。

これは飛ばして読んでOK!というところも所々教えてくれながら話が進みます。

管理人をフォローしませんか?