離乳食の調理器具セットは必要なし!

離乳食をこれから控えていて、離乳食の調理器具は何を買ったらいいの?

調理器具セットを買った方がいいの?

などお悩みではありませんか?

わが家は離乳食の調理器具セットを買いましたが、結局使ったのは1つだけ!

これだけあれば大丈夫というものをご紹介します。

離乳食の調理器具セットは必要なし!離乳食の調理器具使ったのはこれ1つ

わが家は長女がうまれてから、離乳食がはじまる少し前にピジョンの離乳食調理セットを購入しました

このセットの中で使ったものはたった1つでした。

 

それは

うら網(裏ごす)です

 

家にある少し深さのある小皿の上にうら網を置き、ゆで卵の黄身やかぼちゃ、芋、葉物野菜など繊維の多いものをすり棒やスプーンの裏でこします。

わが家ではすり棒は使わず、スプーンの裏でこしていました。

離乳食初期から中期にかけて、うら網は大活躍でした。

 

離乳食が進んでくると、よく煮た野菜であればスプーンの裏だけを使い押しつぶすと十分赤ちゃんが食べやすい形状になります。

豆腐は赤ちゃんの歯茎で潰しやすいので、離乳食中期を過ぎると、ある程度細かく切って火を通していればそのまま食べられます。

普段家にあるもので、代用できる

湯のみ

10倍がゆや7倍がゆ、3倍がゆなどのお粥を作る時は、炊飯器でお米を炊く時に

湯のみの中にお米と、10倍がゆであれば、お米1の量に対して10倍のお水を入れて炊飯器の真ん中にセット

そして炊飯スタート

それだけで、簡単に赤ちゃん用のお粥を作ることができます

 

 

わざわざ離乳食専用のお粥作りセットを買う必要もありません

湯のみがなければ、コーヒーなどを飲む陶器のコップでも、小さめの陶器のお椀でも大丈夫です。

スプーン

こし網の使い方のところで触れましたが、ほぼ普段家にあるスプーンの裏で、食べ物を潰すことができます。

味噌汁を作る過程で取り出した茹で野菜を適当な皿に取り出し、そのままその皿の上でスプーンの裏を使い潰すだけで大丈夫です。

 

あると便利「離乳食ばさみ」

外出先や友人が集まってバーベキューをする時、お店で取り分け食べる時等

離乳食バサミがあると、子どもが食べやすいサイズにその場でカットできて便利です。

わたしは長女が1歳〜2歳の時期、外出時キッチンバサミを持ち歩き、噛み切りにくい食べ物を切っていましたが、重くて大きく、先が尖っているので気をつけて扱わなければいけませんでした。

離乳食バサミはコンパクトで軽く、先が尖っていないので食器の上で直接切ることができます。

持ち運びしやすく安全で、次女の離乳食〜2歳頃まで活躍しそうです。1つ持っていると便利です。

 

わが家にあるのは「Richell」の離乳食ばさみです

本体 ABS樹脂 ケース ポリプロピレン

耐熱温度 本体は80℃、ケースは120℃

 

yayoi
焼いた固めの肉や繊維が口に残る野菜は細かく切った方が小さい子は食べやすいですよね

まとめ

赤ちゃんの使う調理器具や食器は必ず大人と別のものにしたいという方は、別に新しい物を準備すれば良いと思います。

食器など洗う時にはいっしょに洗ってしまうし、きれいに洗っているのであれば、普段家にあるものを使えば良い!とわり切ってわが家では、普段使いしている調理器具や食器を使いました。

煮沸消毒できる素材かどうか確認は必要です。

スプーン湯のみがあれば、赤ちゃんの離乳食期は乗り切れますよ。

わが家では作りおきをせず、毎回少量の離乳食を使っていました。このやり方の方には、裏ごし器おろし金があれば便利です。

これは使う!というものは100円均一で見つけることもできますよ。

 

離乳食に関する記事↓

便秘の子どもに効果的だった食べ物【離乳食期の赤ちゃんから】

離乳食後期手づかみ食べにおすすめ『米粉チヂミ』

 

 

管理人をフォローしませんか?