1歳児におすすめの読みきかせ絵本10選!【保育士おすすめ】

子どもに読みきかせする絵本

どうせなら多くの子どもが楽しめて集中して見てくれる絵本を選びたいですよね。

 

この記事では実際に保育の現場で読み聞かせをして

多くの子どもが楽しんで見てくれる絵本(1~2歳頃の子ども対象)を10冊選びました。

 

保育園や幼稚園、こども園はもちろん小さなお子さんのいるご家庭でもたくさん楽しんで読んでもらえると思います。

読み聞かせ(1歳児)おすすめ絵本

もこもこもこ

どんな絵本?
「もこ」「にょき」「ぱく」など
擬音語ばかりが出てくる絵本。
各ページで出てくる色は、はっきりとした色が使われていています。
出てくる絵は人や動物ではなく、抽象的なものばかりです。
繰り返しの言葉が多くて、大人も子どもも覚えてしまえるくらいわかりやすい。
文字数はとても少ないので絵をみて楽しめる絵本です。1ページ一息で読めてしまえるくらい少ないです。
子どもの反応
「もこもこがいい!」とリクエストしてくれるくらい大人気。
文字数がとても少なくて1ページに「しーん」や「もこ」「ぱちん」だけなので、すぐに子どもたちは覚えてページをひとめくりするごとに、「ぽろり」「ぱちん」など声に出したり体を動かして楽しんでいます。
「ぱちん」の時は絵本をパチンとタッチしにきてくれたり、両手を叩いてパチンとしたりします。
何度よんでも飽きずに楽しんでいます。

こわくないこわくない

どんな絵本?
おとうさんやおかあさんに話してもらうことになんでも反対を言う、まーくん
ある日おばけがでてきて、、、
というおはなし

子どもの反応

じっと集中して見ています。

子どもの好みにもよりますが「もっかい(もう一回)」とよくリクエストしてくれる子もいます。

おばけが出てきて「こわいかこわいか」という場面で少し怖そうにする子もいます。

ノンタンがんばるもん

どんな絵本?
ノンたんシリーズ
ブランコをブンブンスピード乗りするノンたんがブランコから落ちてしまい耳を怪我してしまいます。
病院で診てもらうことが嫌なノンたんは逃げ出してしまいますが
お友だちや応援してもらい病院で診てもらうおはなし。
怪我が治り、またブランコに乗って楽しみます。

子どもの反応

ノンたんがブランコから落ちてしまって耳を怪我してしまう場面では耳をおさえて「イタタ」と言ったり

注射がたくさん出てくるページでは「チックン」と興味津々でみています。

ノンたんのアニメも同じものがあって、そのアニメと同じように歌いながら読むとまた楽しんで見てもらえて良いですよ。

あーんあーん

 

どんな絵本?
保育園に行くのはいいけどお母さんと離れるのは嫌だと泣き出してしまう子どもがいます。
それを見て次々と周りの子も泣き出してしまいます。
涙がどんどん増えて、みんな魚になっちゃった
保育園の先生がおかあさんに電話して
お母さんはバケツと網を持って、子どもを助けてくれるというおはなし。
とても短いはなしですが、繰り返し楽しんでいます。

子どもの反応

絵本の中の子どもが「あーんあーん」と泣くところで同じように、「えーん」となく真似をしています。

自分と重ねている子もいる様子。

保育園やおかあさん、お友だちというように、自分の身近な人を重ねて絵本の世界に入り楽しめます。

はたらくんジャー

 

どんな絵本?
「はたらくんジャー」「きょうも行く」という文が繰り返し出てきます。
工事現場に出てくる大型の車がたくさん出てきます。
大型の車好きの子にはとってもおすすめの絵本。

子どもの反応

「はたらくんジャー」の文の時、みんなで片腕をあげて「はたらくんジャー!」

と言っていてとてもかわいいです。

同じ文が繰り返し出てくるのでみんなで盛り上がっています。

ねないこだれだ

どんな絵本?

とても有名な「ねないこだれだ」の絵本。

「夜中に遊んで寝ない子はおばけにおなり」

とおばけが出てきます。

「とけいがなります ぼーんぼーんぼーん」からはじまり、1ページごとの文が短く大人も子どももよく覚えて楽しめます。

 

子どもの反応

この絵本に出てくるおばけの絵が魅力的なのか、とても集中して見ています。

怖がりさんやおばけが苦手な子は怖がったり泣き出したりすることもあります。

おつきさまこんばんは

どんな絵本?

「おつきさま こんばんは」という文が繰り返し出てきます。

おつきさまが出たり、雲に隠れたり

またおつきさまが出てきたり

というお話。

 

子どもの反応

「おつきさま こんばんは」のところで

おじぎしながら、こんばんはの「はー」と言って見ています。

絵本の表紙は寝た顔のお月さま

絵本の裏表紙はべーっと舌を出したお月さま

が描かれています。

絵本の表紙をむけて「ねんね」、裏表紙をむけて「べー」として楽しんでもいます。

ぼうしとったら

どんな絵本?

帽子をとったら、色々な髪型の人が!!

中には髪型ではなくて何かものが乗っている人も!

絵本をペラペラめくるだけでもとっても楽しい。

 

子どもの反応

帽子の下にあるものを想像して楽しんでいます。

髪型だけではなくて、頭に何か別のものが乗っているとみんな大笑い。

飛び跳ねて喜ぶ子もいます。

みんなよく覚えていてこの帽子の時は、帽子をとったらこうなる!というのを憶えてしまい、すぐに答えてくれる子どももいます。

さんさんさんかく

どんな絵本?
色んな色のさんかくが出てきます。
〇色のさんかくと〇〇色のさんかく
さて何になるでしょう。
色んなものが作れます。
子どもの反応
〇〇ができた!!など口々に話し、楽しんでいます。
「○○!」とさんかくでできる物を考えて先に答えてくれる子もいます。

だるまさんが

 

どんな絵本?

「だるまさんが」の後に、だるまさんが伸びたり、縮んだり、、、

擬音語がとてもたくさんでてきます。

 

子どもの反応

だるまさんの身体の変化と同じように、真似をして楽しんで見ています。

ほとんどの子どもの人気絵本。

笑い声もよくあがりますよ。

 

1歳児読み聞かせ絵本中でもトップ3!!

この記事で紹介している中でも選んで間違いない!3冊を紹介します

トップ1

「もこもこもこ」

 

トップ2

「だるまさんが」

 

トップ3

「おつきさまこんばんは」

まとめ

保育の現場で読み聞かせをして、実際楽しんでよく見てくれる絵本10選を紹介してきました。

季節を問わず楽しめる絵本を選んでいます。

 

保育の現場でも、ご家庭にもあって間違いなし読み聞かせ絵本

「もこもこもこ」はわたしの一押しです!

関連記事

管理人をフォローしませんか?