乳腺炎しこり残る?取り方は?マッサージや飲ませ方をまとめる【実体験】

乳腺炎辛いですよね。今すぐにどうにかしたい!

 

わたしは第2子産後、断乳するまでに「乳腺炎」を繰り返しました。

次女の授乳期に乳腺炎になってしまいまず病院の産婦人科「母乳外来」のあるところに電話し

母乳外来で診てもらったところ

「完全に詰まっているわけではないけど、これは乳腺炎だね」

と言われ、マッサージをしてもらいました。

 

ここでは、胸のマッサージと漢方薬(葛根湯)を処方してもらいなんとか乳腺が完全に詰まることはなく帰ることができたのですが

 

一部しこりがある!

マッサージをしてくれた助産師さんに「このしこりは取れないのですか?」

と聞くと

 

「とれないかもしれない」

と言われました

 

えーー、とれないの?

できることならしこりは残したくない。

 

のちのち、何かなったら嫌だし・・・

乳がんのチェックシートとかに書いてある、自己チェックをするのにしても、しこりがあるままだとこれは大丈夫なしこり?

どうなの?

とずっと気になると思うのですよね。

 

病院の助産師外来では、乳腺炎でお世話になった時

 

自宅ですること・気をつけることは

・甘いもの、脂っこいものは控える

・母乳の飲ませ方はとにかく頻回授乳

・水分をよくとる

・血行を良くするために、肩回り(肩甲骨)を回したり、ストレッチをする

という話でした。

 

この記事では、母乳外来での「乳腺炎」の手当を受けてからも

胸に一部しこりが残ったままの状態が気になり続けたわたしが

その後したこと

 

しこりは残ったのか?とれたのか?

実行したことも含めお伝えしていきます。

 

乳腺炎後にしこりが残る!取れるのか!?実行したこと・結果

授乳

先に、乳腺炎後のしこりは残ったのか?取れたのか?

 

結果

「きれいにしこりは取れました!」

 

しこりが取れるまでに実行したことを書いていきますね

 

乳腺後のしこりが残ってしまってからしたこと

桶谷式の助産院に行く

まず、病院の「母乳外来」で「しこりは残るかもしれないね」

と言われて自宅に帰ってからもずっと

「このしこりはとれないのか~」

と気になっていたわたしは、病院の母乳外来ではなく

 

自宅から車で行ける距離にあった「桶谷式の助産院」に行って一度診てもらうことにしました。

ここでは後に、「断乳の時」にもお世話になることとなったのですが

ほんと行ってよかった!

 

病院の母乳外来で乳腺炎後のしこりは取れないかもしれないと言われた

ということも伝え、わたしの胸の状態を診てもらいました。

 

すると

「流れが悪いところがあるわね。

このしこりね!

だれや!取れないなんて言った人は?

とれるわ!!」

と言いながら、マッサージをしてもらいました。

 

マッサージ後自分の胸を見てみると

あれ?あきらかにしこりは小さくなっている!

それに全体的に胸がふわふわになった!

 

このマッサージの後、もう一度来るように言われ次回予約もしました。

 

そして、自宅での胸のケアや赤ちゃんへの飲ませ方も丁寧に教えてもらいました。

次に自宅ですること・飲ませ方なんかについても書いていきますね。

 

乳腺炎後の胸のケア・飲ませ方

桶谷式の助産院でマッサージしてもらった後

・こちらの胸から(その人の状態やその時の状態で変わります)飲ませるように

・しこりのあるところはこちらの手でもって、圧迫して飲ませる

・授乳の前後に自分でするマッサージ

 

など丁寧に教えてもらいました。

 

あとはここでも、体をあたためることや水分をしっかりとるようにということは言われました。

 

このへんはきっと共通だと思います。

 

上の文章ではわかりにくいですよね・・・

 

詳しく説明していくと、、、

 

乳腺炎になりやすい場所は、赤ちゃんがうまく吸えていない場所なんですよね。

特に胸の上方は乳腺炎になりやすいです。

わたしの場合乳腺炎になりやすい場所は、胸の上方の内側でした。

 

人は立っているので、上側は乳腺炎になりやすいのだけど

4本足の哺乳類(犬とか)は、胸があらゆる方向に揺らされ、乳腺炎とは無縁らしいです。

つまり人の場合も、乳腺炎を予防するためには、胸をぶんぶんあらゆる方向に揺らした方がいい!

ということ

 

なので、授乳の前にはブンブン自分の胸を動かします。

わたしが、教えてもらったやり方では両胸の下側を外側から内側上に向かって

「はいはいっ」と動かす方法です。

簡単なので授乳の前にしてみるといいですよ。

これだけでも、胸全体が動いてよいそうです。

 

そして、しこりのある部分を、授乳の時に赤ちゃんを支えている腕とは逆の手で、圧迫

というか、ぐっとつかむ感じでホールドして飲ませると良いとのことで

自宅でもそのようにして、授乳をしました。

こういう時は授乳クッションがあると便利かもしれません。

わたしは次女産後、断乳してから手ばなしてしまって、今は授乳クッションはないのですが

授乳クッションで赤ちゃんの高さがちょうどよいところにあると、両手があきます。

そうするとしこりのある部分や赤ちゃんが飲み残してしまいやすい部分を圧迫できるので便利!

なんです。

 

わたしはさて、どうしようか・・・(今第3子妊娠中)

産後母乳が順調に出るかどうかわからないので、また産後様子を見ながら考えたらいいかな

と思っています。

 

ホールドする時はだいたい親指と人差し指を使って、ぐっと挟むようにして自分の胸をつかみます。

 

授乳が終わると、胸の前にフェイスタオルを当てて、

少し「キュッキュ」と搾っておきます

 

フェイスタオルに母乳がつくと、色が落ちないので汚れてもいいフェイスタオルを使ってくださいね。

 

しっかり搾り切るのではなく、少し残っている分を搾る程度です。

 

授乳前後のマッサージの仕方などは病院の母乳外来では教わらなかったので、とても驚きました。

 

 

断乳を考えているママさんに読んでもらいたい記事

桶谷式の断乳方法や時期・マッサージは?【第2子断乳体験談】

桶谷式での断乳!断乳後の圧抜き・ケア・様子は?

 

飲み物を工夫する(ハーブティーなど)

母乳の流れをよくする飲み物を飲む!

これも効果的でした!

 

既に「乳腺炎になってしまった」という時も、「これはまずい!乳腺炎になりかけている!」という時にも効果的なのは

牛蒡子

ほんとに乳腺炎は辛い!

 

 

 

乳腺が細く詰まりやすい人は「牛蒡子

乳腺は細くないけど食べ物や体調で詰まりやすい人はAMOMAミルクスルーブレンド

が良いという話を聞きます。

 

夜はゆっくり寝たいから、ミルクにしたい

でもそうすると授乳間隔が空いてしまって

詰まりが怖い!

 

そこで、「牛蒡子」や「ミルクスルーブレンド」を利用する知り合いもいます。

 

わたしは夜間授乳はするつもりだし、これまでの産後もずっとしてきました。

 

このへんは人それぞれかな。

 

「牛蒡子」ていうの初めなんて読むのかわからなかったのだけど

「ゴボウシ」ね

 

乳腺炎に完全になってはいないけど、常に予防するなら

AMOMAミルクスルーブレンド
がおすすめ

 

 

これでダメ!

もう詰まる!

詰まってしまった―かな!

 

という時は「牛蒡子」という飲み方が良さそう。

 

「牛蒡子」は飲み続ければ効果絶大

 

Amazonがいちばん安かったわ

 

 

 

高砂ゴボウシではないけど、楽天にもかわいらしい牛蒡子ありました。

楽天のこちらの方が1袋は安い。でも内容量が少ない(内容量15g)ので、圧倒的にAmazonで買える方の牛蒡子(内容量500g)が最安値!

パッケージだけでも美味しそう。これは飲んだことないので味はお伝えできません。

高砂ゴボウシは・・・

とってもまずいです

 

 

ただし、煮だしが面倒くさい。そう、面倒くさがりさんにはAMOMAミルクスルーブレンドの方が合っていると思います。

 

これも人によって違うと思うけど

「牛蒡子」「AMOMAミルクスルーブレンド」

どちらも、乳腺炎予防にはおすすめできます。

 

 

あとは、飲み物の種類関係なく、水分をよくとってくださいね。

 

わたしは、お茶を飲むのが好きなので(どんな種類のものでも)

度々お茶を飲んだり

 

あとはみそ汁をよく飲みました。

みそ汁は具沢山にして栄養も摂れるし、体もあったまる

いいことづくめの食べ物です。

 

話がそれてしまいましたが

 

 

「詰まりかけ」「すでに詰まったかも」→牛蒡子

 

「詰まり予防」→AMOMAミルクスルーブレンド

 

がいいです。

 

病院には行きたくないし

乳腺炎にもなりたくない

そして、時々甘いものや脂っこいものもガっと食べたくなりますよね?

 

わたしはたまにと言わず、食べたい!

 

普段の食事+AMOMAミルクスルーブレンド

はいいですよ

 

まとめ

長々と書いてきましたが

 

乳腺炎のしこりは残る?取れたのか?

ということで

「とれました!」

という話でしたが

 

実際にした方法をもう一度簡単にまとめます。

 

①桶谷式の助産院に行く

②マッサージをしてもらう+自宅でもマッサージ

③授乳の時の飲ませ方を間違えない(しこりがある部分を圧迫しながら授乳する)

④「牛蒡子」「AMOMAミルクスルーブレンド」を飲む

⑤水分(お茶・水・みそ汁)をよく摂る

 

 

わたしはこれで、乳腺炎のしこりをとり

今後の乳腺炎の予防をすることができました。

 

詰まってしまってからでは遅い!大変!

特に上のお子さんがいたり、仕事をされていたらなお大変

感染症が流行っていて、熱が高くてもどんなにしんどくてもすぐに受診ができない!

なんてのは地獄です。

やっぱり1に予防!だと思います。



繰り返す乳腺・母乳の詰まりにお悩みの授乳期ママのために

管理人をフォローしませんか?