妊娠後期に赤ちゃん小さい!経過や出産は?2500g超えたの?

今回の妊娠時、妊婦健診で「赤ちゃんが小さめ」と言われたわたしの体験談です。

 

この時は3人目の子の妊娠中でした。

2人目の妊娠時と同様に妊娠9ヶ月まで仕事をしていました。

 

2人目の時はつわりや妊娠中期に切迫早産の診断があり休みを間にいただいたこともありましたが、今回の3人目妊娠時にはつわりも切迫の診断もなく仕事を休まずに妊娠期間中過ごしていました。

大きな問題もなく順調に赤ちゃんも成長してくれていました。

 

妊婦健診で途中から「赤ちゃんが小さめですね」と言われるようになります。

途中まではエコーの誤差もあるし、また次の健診まで様子を見たらいいよね

と私自身思っていました。

 

「赤ちゃん」が小さめと言われ、妊娠後期に入ってからのことをまとめようと思います。

 

妊娠後期に赤ちゃん小さめ!よくないの?

妊婦

妊娠後期36週健診時

妊娠36週の妊婦健診時、腹部エコーをしてもらった後に話されたことです。

 

「赤ちゃんが小さめです。

前回より小さく(数値が)出ていて、多分前回のエコーでの測り方によると思うのだけど

次回大きくなってないようだったら出し頃かな

と言われました。

 

わたしはこれを聞いて

???

 

赤ちゃんが小さかったら出し頃?

というのは早く出してあげた方がいいのかな?

 

なんて思ってはいたのですがこの健診時詳しく先生に聞くことができず、そのまま帰宅しました。

 

家に帰ってから夫から「そこはちゃんと聞かないと!」

と言われてしまいました。

そうよね

その時は頭がまわらなかったのだもの

 

次回の健診時に聞いてみることにしました

 

妊娠37週の健診時、赤ちゃんはやっぱり小さめ

前回の妊婦健診から1週間経ち、ちょうど37週0日の日

妊婦健診に行ってきました

 

エコーで確認してもらうと

やっぱり赤ちゃんは小さめのようです。

 

でも、前回から少し大きくなっていたので、このまま様子見でいいということになりました。

 

前回聞きそびれていた、なぜ赤ちゃんが大きくなっていないと出し頃?

というはなし

 

「赤ちゃんの成長が見られないと、長くお腹の中にいてはよくないのでしょうか?」

と聞きました。

 

先生からの答えは

「赤ちゃんが大きくなっていないというのは、胎盤との関係で

赤ちゃんが今の大きさを維持する+大きくなる力というのが伴っていないことが考えられるから

早く出してあげてミルクで大きくしてあげた方がいい」

というものでした。

上の内容はわたしの解釈が間違っている部分があるかもしれないので、間違っていたらすみません。

 

赤ちゃんが大きくなっていない

成長が見られない場合は早く外に出た方がいいのね

ということはわかりました。

 

よくおばあちゃんから「小さく産んで大きく育てるのがいい」と繰り返し言われていたので

赤ちゃんが小さい・小さめ

というのはよくないものなのか?逆にいいのでは?

なんて思っていた部分もありましたが

先生の話をきいて、赤ちゃんが小さめというのは喜んではいけないことがわかりました。

 

1人目の妊娠中も2人目の妊娠中も赤ちゃんが小さめと言われたことはなく、ちょうど標準のラインを成長していたので、今回「赤ちゃんが小さめ」というのを初めて経験しました。

 

妊娠38週、赤ちゃんは小さめだけど・・・

妊娠38週0日の時に妊婦健診がありました。

エコーで見てもらい赤ちゃんはやっぱり小さめだけど小さめながら大きくなってくれていました。

よかったとほっとしています。

まだ出産を終えてはいないのでわかりませんが、このまま様子見でいいようです。

 

2500gを超えた

妊娠38週の妊婦健診時のエコーで赤ちゃんは2566g!

2500gを超えました。

2500gは低出生体重児との境目となるので、あとは赤ちゃんのタイミングを待って出産にそなえられるのね

とほっとしたものです

 

実際の出生体重は

2926g

でした

赤ちゃんが小さめ!経過をグラフで見てみる

「赤ちゃんが小さめなので、1週間様子を見てみて成長が見られないようなら出し頃かな」

と産婦人科の先生から話を聞いたのは妊娠36週の妊婦健診の時でしたが、

赤ちゃんが成長曲線の平均より下に行きはじめたのは30週前からでした。

 

グラフも載せておきます

胎児発達曲線

わかりにくいですね

妊娠26週まではちょうど発達曲線の真ん中にいます。

 

平均値より小さくなっているのは妊娠29週からです。

エコーなので誤差があるとは思いますが妊娠週数と胎児の推定体重をまとめます。

 

・妊娠29週0日 1174g

・妊娠31週0日 1479g

・妊娠33週0日 1826g

・妊娠35週0日 2260g

・妊娠36週0日 2249g

・妊娠37週0日 2377g

・妊娠38週0日 2566g

 

という経過でした

 

妊婦さんにおすすめ記事≫【体験談】おしるしからの陣痛までいつ?初産・経産婦時それぞれの体験!

ラズベリーリーフティー効果なし?まずい?口コミと実体験記録!

まとめ

妊娠後期に赤ちゃんが小さいと言われたわたしの体験でした。

今回の妊娠時赤ちゃんが小さいことで早めに赤ちゃんを出してあげた方がいいかもしれない

という状況になり、とても不安になりました。

 

小さく産んで大きく育てるのがいいという話をよく聞かされていたので、赤ちゃんが小さい=よくないこと

なんて思っていなかったので、はじめ先生が「赤ちゃんの成長が見られなかったら出し頃かな」

という話に頭が追いついていきませんでした。

 

わたしの場合は赤ちゃんが小さめでも少しずつ大きくなってくれていることがわかり様子見で大丈夫でした。

 

赤ちゃんが小さめと言われても妊婦さんにはどうしたらいいの?

状態となりますが、少しずつ大きくなってくれていれば大丈夫とのことだったので、心配しすぎはよくないのかな

と思っています。

 

元気な赤ちゃんに合えることを願って、バランスよく食べ、よく休むことが大切かと思います。

この時のお産は予定日を過ぎて、誘発分娩となったのでした≫誘発分娩効かない?(予定日超過でバルーン・アトニン点滴)時間は?【経産婦の体験談】

 

管理人をフォローしませんか?