クリスマスローズの育て方花が終わったら?どうしましょ

クリスマスローズの育て方 花が終わったら

クリスマスローズの育て方で花が終わったらどうしたらいいの?

気になったので調べてみました。

出典:楽天市場

クリスマスローズの育て方、花が終わったらどうする?

まず、クリスマスローズの咲き終わりはどんな状態か?

 

・花のおしべが落ちて色が褪せてくる

・受粉した雌しべが大きくなってくる

 

花の中央がふくらんで種ができてくると、株に負担がかかるので、種を採取する予定でなければ早めに種を摘み取っておきます。

 

花の咲き終わりの状態になってきたら、花の茎を根元から4~5cm残して切り取ります

 

暑くなると休眠期に入るので、肥料は秋まで与えるのをやめて、夏は日陰においてあげます。

10月頃に緩効性の肥料を与えます。

 

夏には絶対肥料はあげちゃダメ!春と秋に液体肥料を10日に1回あげること。

 

寒さには強いのですが、寒風や霜にあたると株が痛むことがあるので、0℃を下回る時などは屋内や軒下に入れてあげましょう。

 

そう考えると地植えではなくて、鉢でそだてるほうがいいかしらね。

初心者には鉢植えかららしいわ。

 

水をあげすぎると根ぐされしてしまうので、水のやりすぎにも注意です。

 

花の茎を根元から4~5cm残して切ると書いているのですが、菌やウイルスに侵されるのを防ぐには、秋になってから根元に日光が当たるように切ると良いみたいです。

枯れると手でも簡単に抜けるようになるとのこと。

植え替えの時期は?

出典:楽天市場

 

 

3年に一回を目安にして、時期は10~12月に行うのがいいようです。

植え替えの時期は10~12月ということですね。

クリスマスローズの植え替えは秋がベスト!

 

3年に一回というのは、3年で根詰まりを起こすからということです。

 

この植え替えのサインは

・植木鉢よりも育っている草花が大きい

・根が鉢の底から出てしまっている

・花や下葉、新芽が小さくなったり、黄色く枯れ始める

・鉢底から水が流れるまでに時間がかかる

・花や葉っぱが小さくて下葉が黄色く変色してくる

 

yayoi
秋の植え替えがベストだけども、できなかった時には春に植え替えてもOK
鉢植えの用土はクリスマスローズの専用土というのがあるので、それを利用できて便利!
簡単なのがいい!
クリスマスローズの専用土以外であれば、赤玉土5鹿沼土(もしくは川砂)1を混ぜたものを使います。
植え替えの時の鉢は「ふたまわり」大きな鉢植えで!根の生育がとても早いのが特徴。

剪定時期は?

12月~1月が良い時期です。

 

2月~3月は開花の時期になるので、それまでに葉の剪定をしておくのがいいです。

 

剪定をする時にも、初回で咲かせる株と数回咲かせている株で剪定時期が異なっているので注意です。

 

・数回咲かせている株・・・寒くなると葉が平らに倒れるので、その頃が剪定のタイミング

・初回で咲かせる株・・・ゴワゴワしたり病気や風で変色、傷ついた、汚れた葉こういったものが剪定のタイミング

 

古葉と呼ばれる堅い葉を剪定します

 

この剪定をする理由は

・茎の根元に太陽光があたり葉が減ることで風通しもよくなり、花が育ちやすくなる

・花に古葉があたってしまい、花が傷つくことを予防する

 

まとめ

寒さに強く、花の少ない時期に美しく咲く「クリスマスローズ」

 

花が終わったら、放っておくのではなく

種を先に摘み取ったり、花の茎を4~5cm残して切り取るようにしましょう。

 

乾燥を好むのでカラッカラは良くないですが、土が乾いてから水やり

寒さには強いけど、霜にあたると痛むので屋内や軒下に移動できる鉢がいいかもしれませんね。

 

雪が多く降る年もあるわたしの住む地域では鉢植えがよさそう。

 

暑さには弱いので、日陰風通しの良いところで!

 

12月前後に古い葉を取り除いてあげる

 

最後に!草には毒があるので手袋着用を忘れないようにしましょ。

 

 



クリスマスローズは挿し木、挿し芽は無理だけど株分けと種から増やせます。

そしてこぼれダネでも増えます。

 

 

花の咲いた後は花茎を切ることを忘れずにね。

 

クリスマスローズの育て方 花が終わったら
管理人をフォローしませんか?