会陰切開や会陰裂傷後の抜糸なし?あり?溶ける糸?痛みの違いはどうだったか【体験談】

出産の時に気になることと言えば

会陰切開するの?

会陰裂けたくない!

というのがあると思います。

もちろん元気に赤ちゃんが産まれてきてくれることが1番ですが、自分の体のことも気になる

できるだけ傷がついて痛むことは避けたいし、産後の体調や回復にも関わってくることは気になりますよね。

 

特にお産が近くなってきた方なら考えるかと思います

 

わたしも妊娠後期

特に予定日が近くなってくるとこの事をよく考えるようになってきました。

わたしは3回出産を経験していて、そして3回とも会陰は切れました!

 

はじめてのお産の時は、赤ちゃんの頭が出る!

という時に

先生が

「切りますね!」

 

わたし

「!?はいっ!?」

 

で一瞬のうちに会陰切開となり

 

 

2人目、3人目の時は会陰切開はなかったものの

裂けました

 

どのお産の時にもおしもを負傷!

 

そしてこの後の処置で抜糸する糸を使って縫ってもらった時と

抜糸しなくても良い糸を使った時があり

それぞれ後の痛みが違ったので

 

わたしが感じた痛み方や

会陰が裂けてしまい、処置してもらった場合

 

溶ける糸がいいのか?

抜糸してもらった方がいいのか?

 

どちらの方がいいのか

おすすめ(わたしの経験を通しての)を

お伝えします

溶ける糸を使うか抜糸かどちらがいい?

結論

先に結論を言うと

「抜糸」

がいいです

 

わたしは第1子の産後は溶ける糸を使って、会陰切開した場所を縫ってもらいました

第2子と第3子の時の会陰裂傷の後処置は抜糸する形でした

3回の経験を通して次もしあるとしたら、抜糸をまたお願いすることと思います

なぜ抜糸がいい?

なぜ抜糸がいいのか?ということについてです。

 

まず、第1子産後の会陰切開の時は溶ける糸を使って先生は縫ってくれていました。

こちらからお願いしたわけではないのですが

使われていたのは溶ける糸というので、後からの抜糸は必要ないものでした

 

問題なく退院したわけですが、数ヶ月後も時々この縫ってもらった場所が痛く感じました。

特に傷が塞がってくる時に引っ張れるような痛みがあって、庇うように歩くので歩き方がおかしくなってしまいます。

 

長い間痛みが続いたのがこの抜糸しなくてもいい溶ける糸で縫ってもらった時でした。

この溶ける糸というのも実際は見えないからどんな糸でどんな色をしているのか

どのように縫われているのかもわからないのですよね〜

 

溶けるってどんな風に吸収されていくのでしょう。

不思議です

そしてなぜか、第2子や第3子のお産が近づいてくる頃(予定日近く)になると過去の会陰切開した場所が痛くなってくるのです。

これは思い出して痛くなるのか、実際痛いのかよくわからないのですが

過去の会陰切開、縫ってもらった場所が痛んでくるのです。

 

 

次に会陰切開なしでの出産で、会陰が裂けてしまった時

2回のお産後は抜糸でした

 

2人目産後の時、処置してもらいながら

「抜糸があるのですか?」

と聞くと、「この病院では基本抜糸していて、希望があれば溶ける糸でもできるよ」

と先生が話してくれました

 

そうなの?はじめて聞いて知ったわ

 

と思いながら、抜糸でいいです

とこの時は答えていました。

 

 

結果抜糸でよかったです。

 

産後4日目に抜糸があるのですが、この抜糸の時は「ピッ」と抜糸のタイミングで引っ張るような?刺すような?痛みがありますが

全て抜糸を終えると

 

一気に痛みが軽減しました。

 

傷が塞がってくる頃の引っ張れる痛みが辛いのですよね。

この引っ張れる感覚がスッとなくなるので、抜糸後からスタスタと歩くことができて楽でした。

といっても完全に傷が治ったわけではないのですが、ほんと抜糸前と後では全然痛みが違いましたよ。

 

そして3人目の時も同じように産後4日目に抜糸がありました。

前回よりたくさん縫ってもらっていたのですが、抜糸とともに痛みが激減しました。

まとめ

産後に会陰切開や会陰裂傷してしまった場合、抜糸をしてもらう方が楽で、抜糸後の動きやすさは抜糸前と後で全然違いました。

もし、溶ける糸を使うか抜糸か選べるようだったら、抜糸をしてもらう方がいいです。

抜糸の時は確かに痛かったのですが、その後のことを考えると断然抜糸の方がいいですよ。

 

わたしは産前おっぱいマーサージはしていたのですが、会陰マッサージはしていなかったのですよね。

今なら絶対しておいた方がよかったと思うのですが、会陰マッサージって痛そうなイメージがあって・・・

 

でも、オイルを使って会陰をU字にマッサージしたり、くるくる円を描くようにマッサージしたり

はたまたオイルで保湿するだけでも会陰が柔らかくぷるぷるになるので

効果は期待できるみたいです。

これを調べて知ったのは3人目産後です。

 

遅すぎる!

 

勝手なイメージで会陰マッサージは痛い!

と思って調べていなかったわたしが悪いのですがね、、、

 

まだこれから出産を控えている方は是非ぜひ会陰マッサージをしてみてください。

おっぱいマッサージはしていてよかった!と心から思ってます

 

会陰マッサージもしていればよかった!

後悔です。

 

実際は緊急帝王切開になったり

会陰マッサージしていても裂けてしまうことはあるかもしれませんが

できることはしておいた方がお産に向けて前向きに色々と考えられるかと思います。

そして後からああしておけばよかった!

と思うこともないかと思いますよ。

 

ほんとわたしも産前に少しでも会陰マッサージしておけばよかったー

 

会陰マッサージだけでなく乳頭ケアや赤ちゃんのおしりまわりにもつかえるものがおすすめです。

産前だけでなく産後も使えるところが嬉しいです。

カレンデュラオイル 160mL妊婦さんの会陰マッサージと赤ちゃんのスキンケアに!AMOMA カレンデュラオイル 会陰 会陰マッサージオイル 妊娠後期 乳頭 ケア 授乳 肌荒れ 赤ちゃん おむつかぶれ 保湿 乳頭ケア

 

妊婦さん緊急速報≫陣痛が不安!怖い!こない?ラズベリーリーフティー効果とは

AMOMAミルクアップブレンドの効果・口コミは?飲み方はどうしてた?【楽天・Amazon】

管理人をフォローしませんか?