断捨離のコツ順番は?こんまりさんから学ぶやり方・方法

断捨離や片付けをいざしよう!と意気込んだものの、いったいどこから手をつけたら良いのか、、、

悩んだことはありませんか?

この記事ではわたしが実際断捨離したり、本を読んでこれは絶対いい!この手順がしやすい!

と学んだことをまとめています。

主にこんまりさんの本で参考にした部分が多いです。

断捨離の手順

まずは服から手をつける

これはこんまりさんの本を読んで学んだことです

スムーズに捨てるための基本の手順です

 

はじめに 衣類

次に 本類

書類、小物類

さいごに思い出の品

 

アルバムなんかを先に手をつけてしまうと、「あーこんなこともあったな〜」

など考えながら見ているうちにとんでもない時間が経っていた

という経験はありませんか?

わたしもこの失敗はしました。

アルバムだけでなく、色紙や文集のようなもの

思い出にふけるうちに、これどうしよう

捨てようかな、置いておこうかな、、、と判断するのにとても時間がかかってしまいます。

 

人が物を捨てられない理由は

まだ使えるから(機能的価値)

有用だから(情報的な価値)

思い入れがあるから(感情的な価値)

さらに手に入りにくかったり、替えがきかなかったりする(希少価値)と、ますます手放せなくなります。

 

洋服は一般的に希少性が低いので、捨てる難易度は低く

逆に写真や手紙などの思い出品は感情的な価値に加え、希少性が高く捨てる難易度が高いです。

断捨離の手順を、衣類→本や書類→小物類→思い出品に変えると格段に片付けのスピードが速くなります。

 

わたしも自分のクローゼットから片付け、次に自分の本や書類を片付けました。

ここで大切なのは自分のもののみ断捨離することですよ。

 

本の片付け手順

並べる

本の片付けを進める上で、どうやって本を断捨離していくか

まず、全ての本を床に並べます

1つひとつ手にとって、ときめく物を残して、ときめかない物は捨てる

全ての本を出してしまうことがポイントで本にしても、本以外の物にしても置いている場所がバラバラであると、また別の場所からも出てきて1度に片付けが終わりません。

思いおこして同じ種類の物を1度に出してきて、1つひとつ手にとって触れながら片付けを進めます。

断捨離で大切なこと

こんまりさんの本から学んでわたし自身がこれは大切!

これまでしてなかった!

ということをまとめます

片付けの前に「捨てる」を終わらせる

断捨離をはじめたときに、収納のここの場所なら入れられそう!ここにしまおうかな!

と考えはじめるとまったく断捨離が進まなくなります。

まず、「捨てる」を終わらせることが大切です。

収納のことは全く考えずに、捨てる物と残す物を完璧に分けていく作業を徹底するということです。

 

書類は全捨て

書類は基本全捨てで全く問題なし

家庭に溜めがちになる、封筒類や子ども関係のお知らせやプリント等も知らないうちにどんどん溜まっていってしまいます。

重要な物、提出しなければならないものは捨てないように気をつけその他の物はどんどん手放していきましょう。

わたしの場合は地域の広報誌やプリント類は紙袋の中にどんどん詰め込んでいき、何ヶ月分かまとめたものを仕事が休みの日に「古紙買取」に持っていっています。

燃やせるゴミは減って、エコにもなり最高ですよ。

3日あるいは4日おきにある燃えるゴミの回収日には45ℓのゴミ袋を2〜3袋出していたのが、今は20ℓのゴミ袋1〜2袋に激減しました。

ゴミを捨てるのもタダではありません。ゴミを減らして、リサイクルできるものはどんどんリサイクルに回せるようにしたいですね。

 

雑がみを古紙買取に出した結果!年間いくらになった?➤雑がみを捨てずに出す!古紙買取に出した合計金額は?2020年

 

 

 

本や書類などこれは大切!見返すだろうと思ってとっておいたものも、その後見返すことのない本や書類がほとんどでした。

 

きれいにファイリングしたものの見返すことなどなく、仕舞い込まれているというものが山ほどありました。

断捨離を進める中でどんどん手放してきましたが、昔の日記のように記録した物はなかなか捨てるまでいきません。

せめてかさを減らそうと思い、大切だと思う部分だけ残したり、これだけは!というものを厳選したり試行錯誤しています。

これもきっと見返すことはほとんどないのだろうな〜

こんまりさんによると

書類は全捨てで問題ないようです。

 

立てる

立てて収納する!

これも本に限らず、どんな物でも立てて収納が良いです。

洋服を畳んだら、引き出しの中に立てて収納

 

洋服を立てて収納!など言いながら

わたしはほとんどの洋服をクローゼットに掛けて収納しているので、引き出しにしまうのは下着や小物類だけです

引き出しの中の文房具、ホッチキスの芯の箱や消しゴムも立てて収納します

 

これはこんまりさんの本でハッとさせられたことですが、なぜ立てて収納するのかというと、上に積み上げて収納すると積まれた下の物がつらいからということです。

人と同じようにずっと重い物を積まれているとつらく、弱ってしまいます。

こんまりさんの片付けを学ぶうちに、こんまりさんがとても物を大切に思い扱っておられることが伝わってきます。

まとめ

断捨離を進める手順について書いてきました。

 

断捨離の手順を、衣類→本や書類→小物類→思い出品に変えると格段に片付けのスピードが速くなります。

まだ試したことのない方はお試しください。

 

そして、残すもの手放すものを判断する時には

「触ってとてめくかどうか!」

 

1つひとつ触ってときめくものは残し

ときめかないものは手放します

 

本来、片づけで選ぶべきものは「捨てるもの」ではなくて「残すもの」です

 

わたしは断捨離をする中で、必要か!必要でないか!で残すものを決めていた時がありました。

必死に必要なものだけを探して、捨てるものを考えていると、不幸な片づけになってしまいます。

こんまりさんから学びほんとにそうだと思ったことはここです。

 

いくら片づけを進めていっても今あるものは必要か!必要でないか!と敵を見るように見てしまいませんか?

 

自分が大好きなもの、ときめくものだけに囲まれた生活の方がずっと幸せになれますよね。

このときめくもの!というのは人によって違ってきます。

 

・洋服が大好きな人は洋服

・釣りが大好きな人は釣りの道具や釣りに関する書物

・骨董品が好きな人は骨董品

他の人からは何これ!?こんなものどこがときめくのだろう!?

と思ったものでも、本人がそのものに触れてときめくものであればそれは宝物です

絶対に手放してはいけません

 

これからは「触ってときめくもの!」を残す断捨離をしたいと固く心に誓ったわたしでした。

 

わたしが参考にしているこんまりさんの本

 

 

物の手放し方はどうするの?

実際に断捨離をする中でわたしが利用した総合買取サイト!

おすすめの総合買取サイトはどこ?

≫総合買取サイト利用体験談【買取王子・バイキング・エコマケ】

 

管理人をフォローしませんか?