36週で子宮口2cm!経産婦の陣痛・出産はいつになった?【体験談】

赤ちゃん

妊娠36週の時の妊婦健診時に子宮口2cmは開いている

と言われました

 

それから陣痛・出産につながったのは

どれくらい経ってからだったのか?出産はいつになったのか?

 

という体験談です

 

妊娠36週で子宮口2cm!陣痛は?出産は?いつになったのか

赤ちゃんの足

妊娠36週で子宮口2cm!陣痛は?

妊娠36週

妊娠36週の妊婦健診の時のことです

 

内診があって先生から

「2cmは開いてるね。赤ちゃんの頭も降りてきている」

と言われました。

 

この時まだ36週だったので、37週まではあまり動かない方がいいのかな?

と思っていましたが

母子手帳には「よく動くように」と書いてありました。

 

37週までは普段通りに生活していましたよ。

 

妊娠37週

妊娠37週の妊婦健診の時にはやはり、子宮口は2cmほど開いている

と1週間前に言われたことと同じでした。

 

もう37週に入ったので本格的に運動しようかなと自分でも思い

散歩したり、家の片付け・断捨離に励んだりしていました。

37週の間も特に陣痛が来ることはなく過ごしていました。

それにだんだんとお腹が張ることも以前よりなくなってきていました。

不思議です

 

妊娠38週

38週の妊婦健診の時には子宮口は2.5cmくらい

とのことでした。

赤ちゃんの頭もかなり下がってきているようです

今回も「よく動くように!」と母子手帳に書かれています

 

この時期には早歩きで散歩に行ったり、子どもと遊んだりかなり活発に運動はしていました。

それでも陣痛は来ず・・・

 

39週の妊婦健診も無事にうけることができました。

 

妊娠39週

39週の妊婦健診でも子宮口は2.5cmか3cmか?

といった状態で赤ちゃんの頭は触れられるくらい下がっているとのことでした。

 

かなりお産は近づいているようですが、陣痛は未だに来ず・・・

 

勝手にお産は早くなると思っていたので、だんだん待ち疲れてきていました。

 

そして40週を迎えます

 

妊娠40週

40週ぴったりの日

40週0日の日におしるしがありました。

 

この日と前日はかなりたくさん階段昇降したことは覚えています。

トイレに行った際にピンク色の出血があって、ダラダラ少量出ることが続いていました。

その日は普段通り日中は過ごしていました。

歩いて買い物に行ったり、掃除したりといった過ごし方ですね。

 

夕方になって、おしるしだからお風呂は入っていいと思うけどダラダラ出血が続いているので本当に湯船に浸かって大丈夫なのか?と不安になり

病院(分娩室直通)に電話して助産師さんに指示を仰ぎました。

おしるしで出血が続いているのだけど、お風呂に入っていいのかどうか?

という内容で聞きました。

 

結果

 

「湯船に入って大丈夫!」

という返答をもらいました。

 

でも、、、

やっぱり不安になってしまって

結局湯船に身体全体は浸からず、足湯だけして体を温めました

 

そして、その夜布団に入ると生理痛のような痛みが

どうやらある一定の感覚で来ているようです。

 

時間を測ってみると・・・

 

 

10分前後の間隔で生理痛のような痛みが来ていました。

 

どうやら陣痛のようです

 

妊娠40週になり、ようやく陣痛が来たようですよ!

妊娠36週で子宮口2cm!出産はいつになった?

産まれたばかりの赤ちゃん

36週の時に子宮口は2cmと言われていましたが

陣痛が来たのは40週0日の時!

そして出産はその翌日40週1日の時となりました。

 

子宮口が36週の時点で2cmは開いていたとしても、陣痛がすぐ来るとは限らないようです。

陣痛が来たのは40週0日の時

そして出産は40週1日の時

だったので、いくら子宮口が開いているからといって出産の日が早まることはない

と言うことがわかりました。

 

子宮口が開いていると言っても、陣痛が来なければお産にはつながりません。

そして子宮口が閉じていても、陣痛が来るとお産につながるということですね。

 

陣痛を起こすのは赤ちゃんであると言われています。

赤ちゃんのタイミングを待つことが大切ということですね。

 

予定日が近づくと、ソワソワ・はやく赤ちゃんに会いたい!

と思う方もいるかと思いますが(わたしもそうでした)、赤ちゃんのタイミングをゆったり待つことが大切なのかな?

と考えるようになりました。

 

わたしのこの時の妊娠時は40週0日におしるしからはじまり、夜に陣痛

そして次の日に出産という流れでした。

 

夜に陣痛が来たので次の日の朝まで待った方がいいのかな〜

なんて思っていましたが、自宅で破水したのでその後はすぐに病院へ向かいました。

無事に元気な赤ちゃんに会えほっとしています。

 

まとめ

36週に子宮口が2cm開いている、という状態でしたが

実際に陣痛が来たのは40週!そして予定日超過で出産!

という流れになりました。

 

あくまでも、わたしの場合ですが子宮口が36週

あるいは早い段階で2cmほど開いていたとしても

陣痛やお産自体が早まるということもないようです。

 

陣痛は赤ちゃんが起こすもの

なので、運動などできることは少しずつして出産に向けた体力づくりをすることは大切ですが

焦らず赤ちゃんのタイミングを待つしかないのかな〜と思います。

 

中には妊娠後期ですでに7cm子宮口が開いているという方の経験談を聞きましたが

この方も正産期に入って陣痛が来てから出産になったとのことです。

 

子宮口が2cm・それより大きく開いていたとしても出産につながるのは

陣痛次第ということですね。

赤ちゃんのタイミングをゆったり待ちましょう。

 

 

妊婦さん・特に妊娠8ヶ月過ぎている妊婦さんに読んでほしい記事≫ラズベリーリーフティー効果なし?まずい?口コミと実体験記録!

母乳で育てたい方におすすめ記事≫AMOMAミルクアップブレンドの効果・口コミは?飲み方はどうしてた?【楽天・Amazon】

【実体験!】母乳育児が軌道に乗るまでの記録。はじめてママになるあなたへ。

赤ちゃん
管理人をフォローしませんか?